【アマゾン】無料で試し履き・試着する方法はこちら
Web

短縮URLのメリット・デメリット!bitlyで簡単に作る方法

こんにちは!

デジタルマーケターのウマたんです。

最近アクセス解析時に短縮URLを使う機会があったので、短縮URLのメリット・デメリットそして短縮URLの作成方法についてまとめておきたいと思います。

短縮URLとは

大規模なサイトになるとURLに様々なパラメーターがついて非常に長くなってしまいます。

また、特にパラメーターが付いていない場合もURLに日本語が入っていると長ったらしいURLになってしまうんですよね。

こんな感じ。

http://bookshare.main.jp/2017/12/18/%E5%8E%B3%E9%81%B820%E5%86%8A%EF%BC%81%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B1%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%92%E5%AD%A6%E3%81%B6%E4%B8%8A%E3%81%A7%E3%81%8A%E3%81%99%E3%81%99%E3%82%81%E3%81%AA%E6%9C%AC/

 

めちゃくちゃ長い・・・

こんな長ったらしいURLを簡潔に短縮し短縮URLとして表示することができるんです。

この短縮URLはリダイレクトという仕組みを使っています。

リダイレクトは「あるページから別のページへ転送すること」

すなわち、短縮URLのページに行くとリダイレクトがかかり、本来の長ったらしいURLのページに飛ばされるという仕組み。

リダイレクトに関しては直観的に理解できると思います。

少し前までは、Twitterの140字制限において短縮URLは非常に便利な存在でした。だってこんな長ったらしいURLを貼り付けたら、それだけで140字制限の半分くらいいっちゃいますもんね。

しかし、現在はTwitterの方で自動的に短縮URLを作成してくれるようなので実は意味がないんです。

逆にせっかく短縮URLを作って貼り付けても、そのURLはTwitter独自のルールで短縮URL化されてしまうんですよね。

まあ、Twitterではそれほど意味をなさなくなった短縮URLですが、現在も様々なところで使われています。続いては短縮URLのメリット・デメリットについて見ていきましょう!

短縮URLのメリット

さて、メリットは以下の通り。

スッキリしていて見やすい

まあ、短縮URLの良さはこれにつきますよね。

スッキリしていて見やすい。もし、URLをそのままベタ貼りする場合短くてスッキリしている方がクリック率も高くなります。

まあ、ブログ運営だとテキストリンクでリンク飛ばす方がほとんどだと思うのでそれほど意味はありませんが笑

メールやLINEなどではURLを使う場合も多いと思うのでその際は短縮URLが使えますね!ちなみにTwitterは先ほども言った通り勝手に短縮URL化されるので意味ありません。

文字制限がある場合に有効

当たり前ですが、文字制限がある場合は非常に有効です。

冗長なURLは見栄えも悪いし、文字数を圧迫してしまうので。

短縮URLのデメリット

短縮URLにはメリットだけでなくデメリットもあるんです。見ていきましょう!

ページ読み込みが遅くなる

短縮URLにはリダイレクトという仕組みが走るようになっているので、ページ読み込みが遅くなってしまいます。

ユーザーはページ読み込みが遅いと離脱してしまうので、これはかなりデメリットになります。

ただ、一回のリダイレクトではユーザビリティを損ねるほどの遅さにはなりません。

リンク先が不明

URLを短縮してしまうとリンク先が不明になります。リンク先が不確かだと、ユーザーは不安になりURLを踏みにくくなります。

ただ、今回ご紹介するbitlyであればURLを独自ドメインに設定できるのでこの問題はそれほど気にする必要がないかもしれません。

サービス終了の恐れ

短縮URLにするために利用しているサービスが終了したら、そのリンクは無効になってしまいます。

そのため、短期的なリンク発行なら問題ありませんが、恒常的に利用されているリンクには短縮URLはオススメしません。

短縮URLにする方法

短縮URLにするためには、bitlyというサービスで行う方法とGoogleで行う方法がありましたが・・・Googleのサービスは2019年3月いっぱいで終了。

実質、短縮URLに関してはbitlyの1強になりました。

このように突然サービスが終了する可能性があるので非常に怖い。Googleの場合は、既に生成された短縮URLは機能したまま残るらしいので一応問題にはなりませんが。

それではbitlyでの短縮URL作成方法を見ていきましょう!

bitlyでは、基本的に無料で短縮URLを作ることができ、アクセストラッキングまですることができます。また独自ドメインを設定することも可能!

まずbitlyにアクセスし、真ん中にあるテキストボックスにURLを入れると・・・

めちゃくちゃ簡単に短縮URLが出来ちゃいました。

これで会員登録をしなくても簡易的に短縮URLができちゃうんです。

ただ、無料会員登録をすると短縮URLのアクセス解析などができるので、そちらもできるならしておきましょう!

右上のSign upから会員登録をし、以下のような画面に遷移したら、

右上のCREATEボタンを押しましょう!ここから短縮URLが作成可能です。

こちらに元々のURLを入れると短縮URLの出来上がり!SAVEしておくことで、短縮URLからのアクセス解析ができます。

実際に先ほどの長ったらしいURLがこんなコンパクトになりました!

http://bit.ly/2Gi3dHY

独自ドメインを設定する方法もあるのですが、それはこちらをご覧ください!

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい