運営者プロフィールはこちら
感動

「シングストリート 未来へのうた」は最高に良い映画!あらすじと魅力

 

「はじまりのうた」や「ONCE ダブリンの街角で」などで音楽をテーマにした人間関係を巧みに描き大ヒットを重ねるジョン・カーニー監督の最新作

「シング・ストリート 未来へのうた」

やっぱり期待通りの最高な仕上がりでした。

この記事では、「シングストリート 未来へのうた」の魅力について書いていきます。

 

シングストリートあらすじ

1985年、大不況のダブリン。人生14年、どん底を迎えるコナー。父親の失業のせいで公立の荒れた学校に転校させられ、家では両親のけんかで家庭崩壊寸前。音楽狂いの兄と一緒に、隣国ロンドンのPVをテレビで見ている時だけがハッピーだ。ある日、街で見かけたラフィナの大人びた美しさにひと目で心を撃ち抜かれたコナーは、「僕のバンドのPVに出ない?」と口走る。慌ててバンドを組んだコナーは、無謀にもロンドンの音楽シーンを驚愕させるPVを撮ると決意、猛練習&曲作りの日々が始まったー
(出典:Amazon Prime Video

「シングストリート 未来へのうた」は、音楽を通して高校生の青年たちが成長していく姿を描いたヒューマンストーリー。

 

最初は弱々しかった主人公コナーが一つ年上でモデルの女性ラフィーナに一目ぼれし、音楽を通して成長していきます。

学校でのいじめや教師からの規制・家族のしがらみなどに立ち向かい、それを乗り越えていくんです。

モデルを目指してロンドンへ向かうというラフィーナ。

コナーとラフィーナの恋の行く末は・・・

 

「シングストリート 未来へのうた」の魅力

それではシングストリートの魅力を見ていきましょう!

 

音楽が素晴らしい

さすが音楽映画だけあって、音楽が最高に素晴らしいんです。

最初はぎこちない作曲・作詞ですが、コナーたち青年が成長し、素晴らしい音楽を紡ぎあげていく。

一つ一つの歌詞にちゃんと意味が込められていて、オリジナル曲とは思えないほど素晴らしい出来栄え。

バラードもありポップな曲もあり。

めちゃくちゃ歌が上手いとは言えない”リアル感”が良いんですよね。

 

いじめや社会のしがらみを乗り越え前に進む姿

コナーは学校でいじめに遭い、教師からも不必要な規制をかけられます。

そんなしがらみを乗り越え、前に進んでいく姿には感動。

今の自分が本当にやりたいこと・本能に素直に生きているか、考えさせられました。

 

登場人物に個性があふれている

コナーとバンドを組む青年たちそれぞれに個性があって、感情移入できちゃうんです。

彼らの存在もまた、映画の厚みを増している要因でしょう。

音楽を通して結束を固め、成長していく青年たちはめちゃくちゃカッコいい。

 

まとめ

やっぱり、ジョン・カーニー監督の作品は外れがないですね。

音楽経験はない僕ですが、それでも十分楽しむことができた今作。

もし学生時代にミュージシャンを目指したことのある人ならより感情移入できることでしょう!

オススメの映画です!是非見てみてください!

今ならジョン・カーニー監督の作品「はじまりのうた」「ONCE ダブリンの街角で」「シング・ストリート 未来へのうた」がアマゾンプライムビデオで無料で視聴できちゃいますよー!(2018年12月現在)

 

 

ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい