運営者プロフィールはこちら

【書評】キングコング西野亮廣氏の新著「新世界」を読んだら世の中の見え方変わる!まとめ

こんにちは!

2018年11月16日に発売されたキングコング西野亮廣さんの新著

”新世界”

早速読んじゃいました!!

魔法のコンパス・革命のファンファーレに続き単著としては3作目のビジネス書。

西野さんの書いた本はどれを読んでも外れがない!

最高なんで是非読んでみてください!

ちなみに魔法のコンパスと革命のファンファーレはこちらの記事に詳しくまとめています。

あわせて読みたい
「魔法のコンパス」に学ぶ!型にはまらない生き方  こんにちは! 先日、キングコング西野亮廣さんの著書「魔法のコンパス」を読んでマジで感動しちゃいました。   まじですごい凄す...
あわせて読みたい
読まなきゃ人生500%損するだろ!「革命のファンファーレ」  こんにちは!   先日、ずっと読みたかったキングコング西野さんの「革命のファンファーレ 現代のお金と広告」を読みました!! ...

堀江さんとの共著である「バカとつき合うな」も面白かったですよー!

あわせて読みたい
【書評】堀江・西野共著の「バカと付き合うな」を読んでまとめてみるこんにちは! 2018年10月31日に発売された「バカとつき合うな」 バカとつき合うな posted with カ...

そんな西野さんが満を持して書いた”新世界”

西野さんの言葉には力があり温かみがあります。

本気で世の中を良くしようと考えているんですよね。

何かとアンチが多いと言われている西野さんですが、これ読んだら絶対ファンになりますよ。

ファンめっちゃ増えるんじゃないかなー。

この記事では、そんな新世界の内容について簡単にまとめていきます!

 

貯信時代の到来

魔法のコンパスでも革命のファンファーレでも、一貫して西野さんが伝えているのがこれ

貯金ではなく貯信しろ

今までは、お金を稼いで貯めてなんぼだったのが、信用を貯める世界に変わってきています。

信用からお金は生み出せますが、お金から信用はなかなか生み出せない。

300万人のフォロワーがいる人が1億円をクラウドファンディングか何かで調達するのはできそうですが、1億円を使って信用に値するフォロワーを300万人を獲得するのは絶対に不可能。

お金でフォロワーを買ったとしてもそれは信用が増えたとは言えません。

だからこそ、今、企業はこぞってインフルエンサーにお金を払っているんですね。

ただ、ここで非常に難しいのが必ずしもフォロワー数=信用ではないということ。

フォロワー数は認知数であり、その人が本当に信用されているかとは必ずしも一致しない。

認知がなくとも信用を得ることができれば、お金が後からついてくる時代になっているんです。自分の1日を50円で売るホームレス小谷氏やはれのひ事件でもう一度成人式をやろう!と呼びかけた田村Pや。

詳しくは本書を見てみてください!笑

 

吉本興行2.0

西野さんはこれほど幅広く活動していながらも、吉本興行に所属している芸人さんです。

自分で事務所を開いても全然良いはずなのにそうはしない。それは吉本興行という肩書が自分が活動する上で得だから。

最近は、組織の中にいながらも自分の好き嫌いで仕事を選んで活動の幅を広げている人が多くいるように思えますよね。幻冬舎の箕輪さんしかり。

まあそれはさておき、西野さんが長年お世話になっている吉本興業に恩返ししようと考えて立ち上げたのが吉本興行専用のクラウドファンディング。

吉本興業にはたくさんの芸人さんが所属していますが、その中でお笑いだけで生きていけるのはほんの一握り。それ以外の芸人さんは、お笑いの傍らで、過酷なアルバイトを行い生計を立てています。

しかし、本来お笑いのセンスのある人間が吉本興業と何の関係もない普通のアルバイトをしてお客さんを楽しませているのはもったいない。

芸人も本当はそんなアルバイトしたくない。

そこで吉本興業の中にクラウドファンディングのプラットフォームを作り、芸人がその中で仕事や案件をとってこれるような仕組みにしたのが通称

”シルクハット”

本当に面白いこと考えますよねー!

一般人として居酒屋のアルバイトを時給1000円でやっていた芸人さんが、シルクハットを通じてアルバイトが全員芸人の居酒屋を立ち上げます!とか言ったら絶対お金集まりますよ。

そんでもって吉本興行にもお金が入る。

吉本もWinだし芸人さんもWinだしそれにお金を払うお客さんもWin。

まさにWin-Win-Winですね!

素晴らしい!

 

文字がお金の代わりになるレターポット

西野さんは、文字がお金の代わりになる夢のような世界を描いています。

そもそも現代のお金ってただのアルミや紙切れですよね。

それに価値があるとみんな信じているからやり取りに使えているわけです。

大昔物々交換の時代からお金は貝殻や米俵、金銀、などを経て現在の紙幣・硬貨になりました。

それでは、お金を満たす要件にはどのようなものがあるでしょう?

要件は4つだと言います。

・保存できる

価値が時間とともに変わってはいけない。保存できることは非常に重要です。

・交換できる

物理的に交換できないものはお金になりえませんね。

・測れる

どのくらいあるのか測れないと交換できません。

・制限がある

いくらでも手に入れられるモノは価値がつきません。

これらの要件を満たすものとして紙幣・硬貨にメジャーになっているわけですが、西野さんが見据えているのはもっと先の未来。

文字をお金に

文字をこの4つの要件に照らし合わせてみると、保存はできるし、交換はできるし、測れる。

ただ、誰でも生成できるため制限がありません。

そこで登場したのがレターポット。

お金をレター(文字)に変換して、それを感謝だったりお祝いの言葉として誰かに贈る。

もらった人はそのレターを使って誰かにまた感謝の言葉を贈る。

レター自体は紙幣・貨幣に換金できないのですが、それを持っている人はたくさんの人から感謝されているということで信用が貯まる。

信用が貯まっている人のところには人がたくさん集まる。

そんな経済の回り方がすぐそこまで迫っているようです。

例えば、今までは定食屋でご飯を食べたら貨幣をはらってごちそうさまーと言って出ていく。それで終わりでした。

しかしこれからの世の中は定食屋でご飯を食べたら、「ごちそうさまです。美味しかったです。また来ます。」という24文字レターが届けられる。

レターが集まった定食屋は信用が貯まり、多くのお客さんが集まる。

いやいや、紙幣・硬貨に換金できないなら潰れてしまうでしょ!と思うかもしれない。

しかし、その定食屋さんは原材料を仕入れる卸屋にレターで「いつもありがとう」と支払っている。

まだまだレターがメジャーになるのには時間がかかりそうだし、課題もありますが、すでに小さな経済の中ではレターは回り始めているようですよ。

レターポットに関して詳しく知りたい方は是非本書を読んでみてください!(上手くレターポットに関して伝えられなかった笑)

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

”新世界”

西野さんの想いが詰まった最高の本です!

是非読んでみてください!

ちなみにオススメのビジネス書を以下の記事でまとめているのでそちらも合わせてご覧ください!

あわせて読みたい
厳選25冊!年間200冊読む中で本当におすすめできるビジネス書!  こんにちは! みなさんは本をどれくらい読みますか?   僕自身、全く本を読まない人間だったのですが、 学生時代のある日、とあ...

 

 

ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい
関連記事はこちら