運営者プロフィールはこちら
アウトドア商品

元アウトドア店員がミステリーランチの2018年新作「ミッションローバー」を評価する!

こんにちは!

元アウトドア店員のミステリーランチ大好き人間、ウマたんです!

今回は、2018年新しく登場したミステリーランチの新作「ミッションローバー」のご紹介です。

海外旅行や長期間出張にもってこいなバックパックになっています。

今まで、こういうタイプのバッグはミステリーランチからは出てきていなかったので嬉しいですね!

 

ミステリーランチとは

とはいえ、まずミステリーランチとは?という方もいらっしゃると思うので簡単に説明していきます。

詳しくは以下の記事でまとめているので良かったらご覧ください!

あわせて読みたい
20選!アウトドア店員がオススメするミステリーランチのリュック・バッグの評価とランキング!  こんにちは!   今回は最強のバックパックブランドである   ミステリーランチ   をご紹介したいと思います!   ...

知っているぞ!という方は飛ばしちゃってください!笑

ミステリーランチがまずスゴイのは、アメリカの軍隊や消防隊に採用されているところ!

それだけ耐久性や機能性が高いということなんですね!

では具体的にどのようなところで耐久性と機能性が高いと言えるのか!?

簡単に見ていきましょう!

耐久性という点で言うと、ほとんどのリュック・バッグが500デニールのコーデュラナイロンを用いています。

これは非常に耐久性の高い生地でちょっとやそっとじゃ破けたり穴が空いたりしません。

もちろん今回ご紹介のミッションローバーも500デニールのコーデュラナイロンを用いています。

また、全ての縫い目がリュックの内側に縫い込まれているため、外側の摩耗で糸がほつれるなんていうことはありません

続いて機能性という点で言うと、ミステリーランチ独自のアクセス機能である3ジップデザインや、ショルダーハーネスを自由に動かせるフューチュラヨークシステムなどがあります。

ただ残念ながら、今回ご紹介するミッションローバーはそれらの機能を搭載していません。

ただ細かいところでミステリーランチ特有の機能性が発揮されているんですね!

 

ミッションローバーの魅力

それでは早速ミッションローバーの魅力について見ていきましょう!

コンパクトかつ大容量で機内持ち込みOK!

旅行用のリュック・バッグでまず重要なのが、機内持ち込みができるタイプかどうか!

ミッションローバーは、43Lという大容量サイズにもかかわらず、見た目はスッキリコンパクトな作りになっています。

56cm×33cm×28cmなので基本的に格安航空の機内持ち込み制限をクリアしています。

タテに長いバックパックなどは、機内持ち込みできなかったりするので、注意しましょう。

 

3Way対応

手提げ・ショルダー・バックパックの3Way使いができるタイプです。

バックパック用のショルダーストラップは収納可能です。

ただ、ショルダーストラップの作りが若干弱く43Lの容量の荷物を支えるのには心もとないです。

 

多彩な収納スペースと収納容易性

収納スペースが多彩です。

メインコンパートメントは中央のジッパーで180度大きく開くことができます。

キャリーケースのように大きくガバっと開けるので荷物を詰め込むのも取り出すのも容易になってるんです。

また、両サイドにディバイダ―がついており、荷物の整理がしやすくなっています。

ディバイダ―にはポケットがついているので小物の収納も問題ありません。

また、フロントポケットとボトムポケットがあり、ノートPCや、シューズなどを入れることができます。

収納性は非常に高く、オススメです!

 

ミッションローバー

 

【価格】25000+税

価格もミステリーランチにしてはそれほど高くなくお手頃です。

クロームが展開しているMACHETOというバックパックと非常に近いので二つを比較検討して購入すると良いと思います。

MACHETOはバリスティックナイロンという非常に強靭な素材を使っているので耐久性は高いですが、その分重量が増してしまっています。

よりスタイリッシュなタイプを選ぶならMACHETOで、使いやすさを選ぶならミッションローバーという感じでしょうか?

MACHETOに関してはこちらをご覧ください!

あわせて読みたい
機内持ち込みできる!クロームのMACHET(マチェト)トラベルパックを評価!こんにちは! 元アウトドア店員のウマです。 今回はCHROME(クローム)からMACHET(マチェト)という一風変わったトラベルバッ...

 

ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい
関連記事はこちら