運営者プロフィールはこちら
その他ブランド

元アウトドア店員がワークマンのおすすめ最強ウェアを評価する!

こんにちは!

元アウトドアショップ店員のウマたんです。

みなさんワークマンというお店をご存知でしょうか?

非常にリーズナブルで機能性の高いアウトドアウェアを販売している専門店。

まだまだそれほど知名度は高くないですが、非常に今注目されている専門店なんです。

元アウトドア店員としてはそんなワークマンの商品から目が離せない!

ということでワークマンが展開するウェアからオススメをいくつかピックアップしていきたいと思います。

ワークマンとは?

実はワークマン、その名の通りワーク(作業)をする人用の作業着を販売しているメーカーなんです。

土木や工場、建設の作業場で作業する人用に作られた用品がメインなのですが、それらの用品はどれも必要最低限の機能性を保持しており、それでいて非常にリーズナブルな価格設定になっています。

また、作業する人向けに作られているだけあって、保温性や撥水性にプラスして作業のしやすさすなわち動きやすさもかなり考えられているので素晴らしい。

正直、アウトドアウェアに求めらる要件はすべてクリアしているんです

アウトドアショップでノースフェイスやミステリーランチをはじめとする高価格帯のブランドを扱ってきた僕からするとかなり恐ろしい専門店なんですよね笑

しかし、ワークマンの扱っている作業着はアウトドアウェアとして扱っても、ノースフェイスなどにも遜色ない作りになっています。

もちろん機能性で比べちゃうと差が出ますが、価格差ほどの差はないという印象です。

巷ではアウトドア界のユニクロと呼ばれていて、これからの伸びも期待されています。

ワークマンはどんな人にオススメ?

そんなワークマン。

活躍場所を選べば全ての人にオススメすることができます。

普段ノースフェイスやパタゴニアをはじめとする高級アウトドアブランドや、カナダグースやモンクレールなどの高級タウンユースブランドを使っている方も、OFF時のちょっとした外出や気軽な運動に使えます。

高いアウトドアウェア着ているとあんまり激しく騒げなかったりするんですが、ワークマンなら大丈夫!使うシーンを選んで是非楽しみましょう!

(正直ノースフェイスなどを扱っているアウトドアショップ店員としては、ワークマンで代替されちゃうと困るんですけど・・・)

また、ご家族でキャンプなどに行かれる際は、ワークマンで一式そろえちゃう!ってのも手ですね!

ワークマンのオススメウェア

それでは早速ワークマンのウェアについてみていきましょう!

DIAMAGIC DIRECT 防風防寒ジャンパー

【価格】2900円

なぬ・・・安い・・・
ワークマンイチオシの防寒ジャンパー。

三菱商事ファッションが開発したDIAMAGIC DIRECTという耐水・撥水性の高い機能を搭載しています。

素材はすべてポリエステルで保温性はそれほど期待できませんが、この価格からすると十分なスペックです。

見た目も良く、これ普通に着てたら1万超えると思われてもおかしくないですよね。
アウトドアブランドが泣きます・・・笑

防寒裏アルミジャンパー

【価格】3900円

これまた安い・・・

こちらは、保温性を最大限まで高めた裏地がアルミのジャンパーです。

非常に保温性が高く、真冬にももってこいのジャンパーです。

ただその分かなり蒸れてしまうので注意が必要です。

アルミのプリントの仕方で熱を逃がす構造になっていますがそれでも普通のジャンパーよりは蒸れます。

また、裏地が銀色で見えてしまうのが残念・・・これを黒色とかに装飾して目立たなくすればより良いかも!

まあどちらにしろハイスペックローコストのコスパ最強ジャンパーであることは間違いなしですね。

AERO STRETCH ブルゾン

【価格】2900円

驚異的な安さ!

中綿もしっかり入っていて、保温性はそれなりにありますねー。

ただ、これ1枚で真冬凌げるかと言われるとそれは難しそう。

軽くて伸縮性も高いので、着心地良くアクティブに活動することができます。

品質と価格を考えるとかなりお得なウェアですね!

スマートレインジャケット

【価格】2900円

こちらは防寒性には期待できませんが、非常に軽くて持ち運びに便利なレインパーカー。

なんだこの値段設定は!

耐水圧10000㎜ということで耐水性の強さを売りにしています。

完全防水というわけではないので、長時間かけて水に濡れているとさすがに染み込んできますが、それでもこの価格でこのクオリティはすごすぎますね。

収納できる袋もついていて、小さくたたむことで簡単に持ち運ぶことが可能です!

見た目もカラーも申し分ないですね。

裏アルミFIELDブルゾン

【価格】4900円

オシャレでカッコいいブルゾンアウター。

裏はワークマンお得意のアルミ仕様で保温効果抜群!

デザインもオシャレで生地にコーデュラ生地を用いているので丈夫!

コーデュラってなに?という方はこちらの記事をご覧ください。

あわせて読みたい
元アウトドア店員が教えるコーデデュラナイロンやバリスティックナイロンの違い!元アウトドアショップ店員のウマたんです。 アウトドアのバッグを選ぶ上で重要な指標になるのが生地の耐久性。 「コーデュラナイロンとかバ...

ワークマンの中では高く感じてしまいますが、他のブランドと比較したら激安!

このコスパの高さがワークマンの魅力なんですよねー。

ワークマンのオススメバッグ

ワークマンのバッグは、安価なのに最低限の機能を持っていてコスパ最強!オススメ!

フィールドコア撥水デイバッグ(リュック)

【価格】1900円

メインの収納スペースは、大きくジッパーが開くので荷物へのアクセスが容易。

荷物へのアクセス容易性は非常に大事。

これは、高価格帯のアウトドアブランドで備わっていないことが多いのでめちゃくちゃ大事です。

大きめの外部ポケットと内部ポケットも付いていてこの価格は非常に良心的。

撥水性はそれほど期待できませんが、ちょっとしたタウンユースにはオススメのリュックです。

デザインもオシャレで個人的には好きです。

ZAT無縫製バック リュックタイプ

【価格】2980円

流行りのロールトップタイプの防水リュック。

無縫製なので縫い目がなく水の侵入を許しません。ターポリン素材なので生地の防水性も高いです。

ただ、小分けに出来るポケットはないので使いやすさはイマイチ。ショルダー部分も心もとないので背負い心地も×

普段使いというよりも雨が降った時の緊急用などに1つ持っておくと良いでしょう!

まとめ

ワークマンのウェアをいくつか見ていきましたが、どれもハイスペックで、多くの人から支持を得られている理由に納得しました。

現在の世の中は、ブランドや最高級の機能を求めるブランド志向と、最低限の機能があれば良い低価格志向に2極化しています。

だからこそ、本気で機能性を追求した最高級のミステリーランチ・カナダグース・ノースフェイスなどは大人気。

それらのブランドと対極にありんあがらも人気急上昇中なのがワークマンが展開するウェア。

人それぞれ好みがあるので最終的には個人の判断ですが、個人的にはどちらも持っていて損はないと思います。

シーンによって使い分けるのが大事ですね!

低価格のワークマンと高価格のブランド群はシーンによって使い分ける

以上。元アウトドア店員の戯言でした!

 

ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい