運営者プロフィールはこちら
アウトドア商品

オリジナルのスタンスミスとABCマート廉価版スタンスミスの違いとは!?

こんにちは!

元アウトドア店員のウマです!

アウトドアショップで高価格ラインのシューズを扱っていたので、当店で扱っているメレルやキーンのシューズと比較して常に意識していたのが、アディダスとナイキの高価格ラインスニーカー

やはりこの2つの高価格ラインのスニーカー群は若い男女に人気があり、個人的にも大好きでした。

 

特にアディダスのスタンスミスは往年の大人気シューズで、履くたびに自分の足に馴染んで自分だけのシューズになっていきます。

 

そんなスタンスミスをふらっとABCマートで見かけたときに衝撃が走りました。

価格が1万円を切っている!?

そう価格が1万円を切っているのです。

 

通常のスタンスミスは税込みで1万5000円ほどのイメージ。

基本的に極端な安売りもしないはずのスタンスミス。

しかもアディダスのスタンスミスは販路を絞っており、お店側でもそう簡単に扱うことのできないラインナップなのです。

 

そんなスタンスミスが安く売っている・・・

ということでこのスタンスミスの安さにはどんな秘密があるのか見ていきたいと思います。

 

スタンスミスとは

まず、スタンスミスとは何なのか?

スタンスミスは1970年代に活躍したテニスプレイヤーの名前。

当時スタン・スミスさんが履いていたのが世界中で大ヒットを巻き起こしていたスタンスミスの原型なのです。

 

スタンスミスの良さはシンプルで洗練されたデザインと履き心地。

さすが、テニスシューズが原型であるため履き心地は抜群です。アッパーの革も非常に足馴染みが良く、履けば履くほど自分のシューズになっていきます。

とはいえ正直履き心地が好きでスタンスミスを買っている人は少ないはず。

ほとんどの人がこのスタンスミスというブランド力を購入していると考えた方が良いでしょう?

 

ベルクロに入っているスタンスミスならではのおじさん(テニスプレーヤースタン・スミス氏)のマークがなければ買わないし、そもそもスタンスミスだと気づかないはず。

あえて販路を絞り高価格帯で攻めるアディダスのブランド戦略勝ちだとも言えます。

 

しかし、そんなスタンスミスにも陰りが・・・ABCマートの低価格タイプの登場です。

 

オリジナルのスタンスミスとABCマートのスタンスミスの違い

オリジナルのスタンスミスとABCマートのスタンスミスは何が違うのか見ていきましょう!

■オリジナルスタンスミス

通常の復刻版スタンスミスの価格は15000円前後。

 

■ABCマートのスタンスミス

ABCマートのスタンスミスの価格は9000円ほど。

 

これだけ価格が違うのに見た目はそれほど変わらないのです。

実はこの2つシューズに使っている素材が違うのです。

オリジナルバージョンは本物の天然皮革を用いていて、足馴染みが良いです。

一方ABCマートのスタンスミスは天然皮革に対して合成皮革も混ざっており、見た目がオリジナルバージョンに比べて光沢があるのが特徴です。

正直見た目レベルではそこまで詳しい人じゃないと分からないのですが、やはり足馴染みは全然違います。

 

ちなみにABCマートのスタンスミスは偽物というわけではないのでご安心を!

もしスタンスミスを購入することを考えているならこの違いを理解した上で購入すると良いでしょう。

まとめと感想

個人的には、履き心地のレベルまで求めるならオリジナルのスタンスミス

みんな周りが履いているからとかカッコいいからという理由で買うならABCマートのスタンスミスで良いと思います!

 

正直ここまでブランド力を醸成してきたスタンスミスの廉価版を出すというのはアディダスのブランドマーケティング戦略に首をかしげざるを得ません。

オリジナルのスタンスミスにブランド力を感じていた人も廉価版の登場によって離れていってしまう危険性があります。

まあ、1万5千円まで手が届かない層へ間口を広げたという意味では戦略的だとも捉えられなくもないですが・・・

個人的にはすでにブランド力のある商品と同じラインで低価格を出すというのはかなりリスクがありブランドイメージを傷つけかねないので慎重にいかないといけないでしょう。

そこに関しては、かなりABCマートとのせめぎあいがあったことが容易に想像されますが・・・

 

ちょっと話がそれましたが、いずれにせよスタンスミスはとても良いシューズです!

自分の好みやお財布と相談してどちらのラインにするか決めると良いでしょう!

 

 

ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい
関連記事はこちら