運営者プロフィールはこちら

【書評】「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」に学ぶ価値主義の世の中

こんにちは!

遅ればせながらNewspicks Bookの「お金2.0 新しい経済のルールと生き方」を読みました。

さすがNewspicks Book!興味深い内容で一気に読み通しちゃいました。

この「お金2.0」では、様々なテクノロジーや技術の発展によりお金の在り方や経済が変わっていくことを提唱しています。

今までのお金を軸とした経済から価値を軸とした経済へ変わっていくというのです。

もはやお金に縛られる生活は終わりを向かえ、誰しもがお金をただのツールとして捉える時代が迫ってきています。

この記事ではそんな「お金2.0」の気になった内容をまとめていきたいと思います。

 

自律分散の仕組み

今後世の中を確実に変えていくのは自律分散という考え方です。

分散化とは、各個人がバランスを取りながら相互に関係することでネットワークを回していく世界。今流行りのシェアリングエコノミーやブロックチェーン技術はまさにこの分散化の代表例。

そもそもインターネットそのものも分散化の概念から語られますね。

自律化とは人間が介在することなくAIが自動的に学習し自動的にサービスを運営していく世界。

この2つを合わせて自律分散化と呼び、今後世の中を席捲していくだろう考え方になります。

 

Numeraiの自律分散の仕組み

Numeraiというプロジェクトを知っているでしょうか?

AIとブロックチェーンを用いて自動的に投資先が決まり報酬も与えられる仕組みです。

仕組みはこう。まず、データサイエンティストが自分で予測モデルを作りNumeraiのプロットフォーム上にアップしていきます。

そしてそのモデルで収益を上げた場合にはそのデータサイエンティストに報酬が入ります。報酬は仮想通貨で支払われます。

そこにはコミュニティーとプラットフォームがあるだけで、管理者が介在しているわけではありません。

このように今後AIとブロックチェーンにより様々な仕組みが自律分散化していくことが予想されます。

 

価値主義

今、世の中はお金が第一だった経済から価値を第一とする経済へと変貌してきています。

お金は経済を回すための1つのツール・道具であり、価値を媒介する手段でしかないのです。

今でも人気のYoutuberやインフルエンサーは、収入が減ることよりもフォロワーが減ることを恐れています。

まさに価値主義ですね。

むしろお金でフォロワーを買うことはできないけど、フォロワーが多ければお金を調達することは簡単でしょう。

この流れは間違いなく加速し、有名人だけでなく一般人まで価値を第一に置く世の中になっていくでしょう。

 

時間=価値とした経済を実現するタイムバンク

実はこの「お金2.0」の著者佐藤氏は、タイムバンクというサービスを運営するメタップスの代表なんです。

タイムバンクとは自分の時間を価値としてとらえ売り買いすることができるサービス。

ホリエモンや箕輪氏、落合氏などの時間を買って使うことで直接話すなどのメリットが享受できますし、この人絶対価値上がる!と思った人の時間を買っておくことで上昇した後に売却し利益を得ることもできます。

まあ、人を起点とした価値経済を作る上で非常に面白いサービスなのですが、肝は時間が経てば経つほど価値が減少していくということ

そりゃ年を取れば取るほど残された時間は少なくなっていくので時間=価値ととらえる経済圏では、時間が経つほど価値が減少していきますよね。

つまり、資産を持っている人がさらに資産を増やし続けられる既存の経済とは違い、資産をいくら持っていても何もしなければどんどん価値が落ちていく。

資産をたくさん持っている人ほど自分に残された時間を有効活用して行動していかなくてはなりません。

なんだか映画「TIME」を思い出しました笑

 

まとめ

確実に世の中はお金主義から価値主義に変わっていきます。

ただただ年収が高いだけで企業を選んでいた時代から自分の価値をいかに高められるかで企業や自分の生きる道を選ぶ時代へと変わってきています。

非常に学びが多い本なので是非読んでみてくださいねー!

 

 

ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい