運営者プロフィールはこちら
アウトドア商品

元アウトドア店員がクロームのURBAN EX ROLLTOPを評価する!

こんにちは!

元アウトドア店員のウマです!

本日は、クロームから非常にオススメのリュック”URBAN EX ROLLTOP”のご紹介です!

今人気のロールトップタイプで完全防水を実現しています。

見ていきましょう!

 

クロームとは

まずは、HONDO(ホンドー)を展開するクロームというブランドについて見ていきましょう!

知っているよ!という方は読み飛ばしちゃってください

 

クロームは自転車を使う人のために作られたブランドなんです。

今では自転車のみならず、スケートボードやバイク、また普段のタウンユースにも非常に良く用いられるようになってます。

非常に耐久性・機能性が高いモノが多いのが特徴ですね。

それでは簡単にクロームの特徴を見ていきましょう!

 

まず一つは他のブランドにはなかなかない奇抜なデザイン!

ロールトップリュックをはじめとして他のブランドにはなかなかないデザインを発信していることが多いです。

そのため、他の人と被るのが嫌な人など若者を中心に人気になっています。

今回ご紹介するURBAN EX ROLLTOPも特徴的なデザインで、多くの人から支持されています。

 

二つ目は、最高峰の防水性

世の中に出回っている防水バッグは大抵防水とは言ってもある程度の撥水性だったり、レインカバーをかけるタイプだったりします。

しかし、クロームはその防水性が3つのレベルに明確に分かれており、使用シーンによって使い分けることができます。

最もレベルの高い3の場合は水の侵入を極端に防ぐので、極論川に入れても内部に水が入ってきません。

今回ご紹介するURBAN EX ROLLTOPはなんと最高レベルの3!完全防水中の完全防水!

 

三つ目はやはり耐久性

これまた他のブランドとは一線を画す耐久性が売りなんです。

アウトドアブランドはそこそこ耐久性の良いもので500デニールのコーデュラナイロンを用いているものが多いですが、クロームは1000デニールを超えるものが多いです。

他のブランドと比べても圧倒的に耐久性が高いんですね。

防弾チョッキに用いられていたこともあるバリスティックナイロンという強靭な生地をつかっているバッグも多数あります。

 

URBAN EX ROLLTOPの魅力

前置きが長くなりましたが、早速URBAN EX ROLLTOPの魅力について見ていきましょう!

見ての通り、URBAN EX ROLLTOPは完全なるロールトップリュック。

個人的にロールトップリュックはそんなに好きじゃないんです。なぜなら、荷物の出し入れしづらく面倒だから笑

しかし、そんな面倒くささを極力低減したのがこのモデル!

クロームのロールトップリュックの中でも圧倒的な使いやすさだと思っています。

ロールトップだとマジックテープをはがしたり止めたりして使うタイプが多くあります。

URBAN EX ROLLTOPはマジックテープは必要なく、再度のバックルを用いて開け閉めするだけなので全然労力が違うんです。

上部には小さい外部ポケットが付いていて小物を収納することができます。

大きさは18Lと28Lがあるので、使うシーンによって選び分けると良いでしょう。

また、2018年からディパックタイプも登場しており、非常に人気があります。

サイドのポケットはありませんが、クロームの別モデルHONDO(ホンドー)みたいなデザインですね!

 

 

ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい