運営者プロフィールはこちら
アウトドア商品

元アウトドア店員がクロームROSTOV(ロストフ)の良いところ悪いところを評価!

こんにちは!

元アウトドア店員のウマです。

本日はクロームのリュック”ROSTOV(ロストフ)”のご紹介です!

てか、これずっとロストヴって読んでました!笑

ロストフって読むんですねー。クロームの商品って読み方ムズイ!

他の記事で、HONDO(ホンドー)というリュックを紹介していますが、ホンドーと同じく非常にシンプルで使いやすいリュックです。

奇抜なデザイン性はないのでクロームらしくないと言えばクロームらしくないリュックですね!笑

クロームとは

まずは、ROSTOV(ロストフ)を展開するクロームというブランドについて見ていきましょう!

知っているよ!という方は読み飛ばしちゃってください

 

クロームは自転車を使う人のために作られたブランドなんです。

今では自転車のみならず、スケートボードやバイク、また普段のタウンユースにも非常に良く用いられるようになってます。

非常に耐久性・機能性が高いモノが多いのが特徴ですね。

それでは簡単にクロームの特徴を見ていきましょう!

 

まず一つは他のブランドにはなかなかない奇抜なデザイン!

ロールトップリュックをはじめとして他のブランドにはなかなかないデザインを発信していることが多いです。

そのため、他の人と被るのが嫌な人など若者を中心に人気になっています。

今回ご紹介するROSTOV(ロストフ)は割とクロームの中では落ち着いたデザインですねー。

 

二つ目は、最高峰の防水性

世の中に出回っている防水バッグは大抵防水とは言ってもある程度の撥水性だったり、レインカバーをかけるタイプだったりします。

しかし、クロームはその防水性が3つのレベルに明確に分かれており、使用シーンによって使い分けることができます。

最もレベルの高い3の場合は水の侵入を極端に防ぐので、極論川に入れても内部に水が入ってきません。

 

三つ目はやはり耐久性

これまた他のブランドとは一線を画す耐久性が売りなんです。

アウトドアブランドはそこそこ耐久性の良いもので500デニールのコーデュラナイロンを用いているものが多いですが、クロームは1000デニールを超えるものが多いです。

他のブランドと比べても圧倒的に耐久性が高いんですね。

防弾チョッキに用いられていたこともあるバリスティックナイロンという強靭な生地をつかっているバッグも多数あります。

 

ロストフの魅力

それでは、ロストフの魅力を見ていきましょう!

容量は23Lで、メインコンパートメントは大きく開くので荷物の出し入れはしやすいです。

またドリンクホルダーが片方にあるのでドリンクや折り畳み傘などを収納できますね!欲を言えば、ホンドーと同じように両サイドに欲しいところですが!

1000デニールナイロンを用いているので耐久性も問題なし!

結構容量の大きいフロントポケットが搭載されています。

クロームのリュックの中にこれほどシンプルでアーバンスタイルに合うデザインがあるでしょうか!

無難と言えば無難、しかしクロームのリュックで少し迷っているならこいつを買っておけば問題ない気がします。

・シンプルでタウンユースにちょうど良いデザイン

・耐久性と使い勝手の良さがちょうど良い

・シンプル過ぎてせっかくのクロームらしさがない

・ドリンクホルダーは1つだけ

 

最初に買うならいいかも!是非ROSTOV(ロストフ)使ってみてくださいねー!

ちなみにクロームのリュック・バッグはこちらの記事にまとめているので合わせてご覧ください!

あわせて読みたい
20選!アウトドア店員がオススメするCHROME(クローム)のバッグ・リュックの評判とランキング!  こんにちは!   元アウトドアショップ店員のウマです!   今回は最高におすすめのバッグブランドであるChrome(クロー...

 

ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい