アウトドア商品

静電気はもう気にならない!?ノースフェイスの静電ケア設計とは!?

こんにちは!

元アウトドア店員のウマです。

昔から静電気が大嫌いで、冬になるとビクビクしながらドアの取っ手とか触ってました。

静電気って気にし始めるとほんと気になっちゃうんですよね。

特に冬はフリースとダウンなどを着こんで、静電気を貯めがち。服を脱ぐだけでもバチバチっと静電気が走ったりしますよね。

しかし、そんなビクビク・バチバチともおさらば!

ノースフェイスの静電ケア設計ならあのいやーな静電気を除去してくれるんです。

 

静電ケア設計の仕組みって?

なぜ静電ケア設計が成り立つのか見ていくためには、そもそも静電気はなぜ起きるのか、静電気のメカニズムについて理解することが必要になります。

 

そもそも静電気は何故起きるのでしょうか?

静電気は、プラスマイナスの電子の偏りから生じます。例えば、フリースと体の間で摩擦が起こり、そのまま電子が片方に滞留してしまうと、帯電状況になります。

体にプラスの電子が多い状況で、ドアノブなどに触ろうとすると・・・

ドアノブの均一な電子のうちマイナスの電子が引き寄せられ、体と触れた瞬間に放電されビリビリっと来るメカニズムです。

 

静電気を避けるためにはどうすれば良いのでしょうか?

一つは体に帯電している電子を頻繁に放流することです。

鉄などの金属類は一瞬で放電するので静電気を感じますが、木やガラスなどの素材によってはゆっくりと放電してくれるので頻繁に放電しておくといざ金属に触る時に静電気を感じなくて済みます。

 

また、地面を裸足で歩くことも効果的なよう。

なかなか外出時にできることではありませんが、時を見計らって裸足で歩いちゃいましょう笑

普段は靴を履いているため、地面への放電がしにくく体に電子が溜まってしまいがちですが、裸足で歩くことで地面へ放電することができます。

 

そして、湿度を上げることも重要です。

水は電気を通しやすいため、空気中の水分が多いと、体に溜まった電子が自然と放電されます。

これは夏場に静電気が起きにくい理由でもありますね。

 

静電ケア設計

さて、ここまでで静電気の起きる仕組みと除去する方法について分かってきましたね。

それではノースフェイスの静電ケア設計とはどのようなものなのでしょうか?

実はめちゃくちゃ単純。生地の導電糸という特殊な糸を用いているんです。これは電気を通しやすい糸で、溜まりがちな電子を放電させてくれます。

これにより、摩擦などにより電子の偏りが起きても、電子が流れ元の均一な状況になるのです。

 

静電ケア設計ってすごい!

 

ノースフェイスのオススメ静電ケア設計アウター

それではそんな静電ケア設計を搭載するノースフェイスアウターを見ていきましょう!

基本的にほとんどの冬物アウターが静電ケア設計を搭載しているのですが、あえてオススメするなら以下のアウターですかね!

ゼウストリクライメイトジャケット

ダウンとマウンテンパーカーがセットになっているタイプです。

片方だけで使うこともできますし、寒いときは両方をジップインジップシステムでくっつけて、ダウンマウンテンパーカーとして使うこともできます。

4年くらい重宝して使ってます。

 

スーパーバーサロフトジャケット

こちらはポーラテック機能搭載の保温力抜群のジャケットです。

マウンテンパーカーの下に着ても良いし単体で着てもよしです。首回りもしっかり隠してくれるので真冬には重宝しますね。

 

ノースフェイスのアウターは以下の記事で詳しく紹介しているので合わせてご覧ください!

あわせて読みたい
アウトドア店員がおすすめするノースフェイスアウター/パーカー/ジャケット25選の評判とランキング!  こんにちは!   元アウトドアショップ店員のウマです!   どんな時でも快適で機能性が抜群なブランド!   ノース...

皆さんもノースフェイスの静電ケア設計アウターで冬場を快適に過ごしましょう!

 

 

ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい