運営者プロフィールはこちら

【書評】『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』を読むと人生観が180度変わるぞ

こんにちは!

2018年8月に発売され、今こっそり話題になっている本

人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている

 

著者はふろむだ氏

分裂勘違い君劇場という名でブログを運営しており、のべ数百万人の読者がいるモンスターブロガーさんなんです。

また、リアルでは複数の企業を創業し、そのうち1つは上場を果たしたというから驚き。

全貌の計り知れない人です。

 

まあそんな成功しているすげえ人が書く本なのだから、良くありがちな成功するための自己啓発本なのかと思って読んでみたら

・・・

全くもって違う

むしろ成功の裏にある錯覚・騙しという存在を赤裸々に告白した本なんです。

読んでみたら人生観が180度ひっくり返ること間違いなし!

 

この記事ではその衝撃を招いた本『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』を紐解いていきたいと思います。

 

錯覚資産という存在

みなさんは成功している人を見ると能力が高いんだなー到底自分なんか及ばないなーなどと思うと思います。

しかし、その裏には錯覚資産という存在があります。スゴイ人だから成功した、のではなく、成功しているからスゴイ人、に見えてしまっているだけなのです。

これは”ハロー効果”と呼ばれる錯覚になります。

だからスゴイ人というレッテルが貼られると物事は驚くように首尾よく進み、さらにスゴイことが成し遂げられるというのです。

確かにひとたび起業に成功して成功者などともてはやされると、その後もその人が作ったサービスはメディアに取り上げられたり、簡単に資金調達できたりします。そのサービスがたいしたことなくとも、です。

逆に言うと、実力ばかり付けても錯覚資産が貯まっていないと、成功へのスパイラルは回り始めません。

錯覚資産を効率良く貯められる人は、その分環境にも恵まれ、結果として実力も付くというようなスパイラルが回ります。

だから必ず、スキルアップや自分磨きをする上では、錯覚資産を利用するというマインドを持っておかなくてはなりません。

 

錯覚資産を貯めるためには

さて、成功には錯覚資産なるものが必要だということは分かりました。

しかし、それを貯めるためにはどうすれば良いのでしょうか?

まず、錯覚資産になりやすいような案件に飛びつくことです。

正直その案件が上手く行くことが分かっていても、そこに到達するまでのプロセスは錯覚資産に組み込まれないことがほとんどでしょう。

結局、結果がすべて。

「サービスをV字回復させて10憶の黒字転換」「営業で年1億売った」「100万PVのブログ運営」

そこに至るまでのプロセスよりもこのような結果が錯覚資産になるのです。実力をつけるためにはプロセスが大事ですが、錯覚資産を貯めるためには結果が全てなのです。

だからこれ結構イージーだけど結果だけ見るとすごそうな案件には飛びつく。色んな案件・プロジェクト・仕事に手を出しているうちに運良く上手くいった案件で錯覚資産が貯まる。

運は万人に均等に配られているので、試行の数だけ成功確率が上がる。運を上手く運用して効率よく錯覚資産を貯めましょう!

 

まとめ

この本にはドストレートに衝撃を受けました。人生観を変えられる本ってなかなかないですよね。

本の中では、様々な錯覚資産が登場しますが、この記事では一番直感的に分かりやすく効果もある”ハロー効果”のみ言及しました。

他の錯覚資産にも興味のある人は本書を読んでみることをオススメします。

是非この本を読んで人生変えちゃってください。

 

 

ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい
関連記事はこちら