運営者プロフィールはこちら
アウトドア商品

カメラ好きにはたまらない!クロームNIKOシリーズ(NIKO/NIKO PACK/NIKO SLING)の魅力!

こんにちは!

アウトドアショップで5年ほど働いていたウマです。本日はカメラ好きにはたまらないクロームのNIKO(ニコ)シリーズをご紹介したいと思います。

NIKOシリーズには普通のNIKOと大きめのNIKO PACK、そして小さめのNIKO SLINGがあります。2018年には新作のNIKO HOLDとNIKO F-STOP PACKが登場しました。

カメラを使う人はもちろんカメラを使わない人にも物凄い人気のNIKOシリーズ!魅力について見ていきましょう!

クロームとは?

(出典:Chrome Industries Japan Facebook )

詳しくは以下の記事に載せているので見て欲しいのですが、ここでもクロームについて知らない方のために簡単にご説明します!

知っているよ!という方は読み飛ばしちゃってください

あわせて読みたい
20選!アウトドア店員がオススメするCHROME(クローム)のバッグ・リュックの評判とランキング!  こんにちは!   元アウトドアショップ店員のウマです!   今回は最高におすすめのバッグブランドであるChrome(クロー...

クロームは自転車を使う人のために作られたブランドなんです。

今では自転車のみならず、スケートボードやバイク、また普段のタウンユースにも非常に良く用いられるようになってます。

非常に耐久性・機能性が高いモノが多いのが特徴ですね。

それでは簡単にクロームの特徴を見ていきましょう!

 

まず一つは他のブランドにはなかなかない奇抜なデザイン!

ロールトップリュックをはじめとして他のブランドにはなかなかないデザインを発信していることが多いです。

そのため、他の人と被るのが嫌な人など若者を中心に人気になっています。今回紹介するメッセンジャーバッグも特徴的なデザインで、一目でクロームだと分かります。

 

二つ目は、最高峰の防水性

世の中に出回っている防水バッグは大抵防水とは言ってもある程度の撥水性だったり、レインカバーをかけられるタイプだったりします。

しかし、クロームはその防水性が3つのレベルに明確に分かれており、使用シーンによって使い分けることができます。

最もレベルの高い3の場合は水の侵入を極端に防ぐので、極論川に入れても内部に水が入ってきません。

 

三つ目はやはり耐久性

これまた他のブランドとは一線を画す耐久性が売りなんです。

アウトドアブランドはそこそこ耐久性の良いもので500デニールのコーデュラナイロンを用いているものが多いですが、クロームは1000デニールを超えるものが多いです。

他のブランドと比べても圧倒的に耐久性が高いんですね。

NIKOシリーズの特徴

(出典:Chrome Industries Japan Facebook )

クロームのバッグの特徴は理解いただけたでしょうか?そんなクロームの中でも大人気のニコシリーズ。

もちろんカメラを持つ人にとっては優秀ですが、実はどんな人にとっても最高に使いやすいバッグパックなんです。続いてはそんな大人気NIKO(ニコ)シリーズについて見ていきましょう!

パーティション(仕切り)

普通のバッグは中の仕切りが決まっていて、自分の普段の荷物に合わせて可変させることはできません。しかしNIKOシリーズは違うんです。仕切りがマジックテープで区切れるようになっており、自分の好きな小物部屋を作ることができるんです。

これはめちゃくちゃ魅力的ですよね。大きく使いたい時はパーティションを外して使うのもよし、細かい小物を収納したい時は存分に使っちゃってください!

シンプルで使いやすいデザインとカラー

クロームのバッグはスタイリッシュでカッコいいデザインが多い中、割と見た目自体はシンプルなデザインの印象です。しかし、そこがNIKOシリーズの良いところでもあって、特別カラフルなカラー展開をしているわけでもなく(カモ柄の展開はありました)、見た目もシンプルにまとまっているので合わせやすいと思います。

NIKOシリーズ

それでは具体的にNIKOシリーズのバッグについて見ていきましょう!

NIKO(ニコ)

【価格】12000+税

一番スタンダードで初期からあるNIKOです。サイズは11.5Lで普段使いなどにはもってこいのちょうど良いサイズですね。背負い方は肩掛けでメッセンジャーバッグのように使えます。

TARPAULIN NIKO(ターポリン ニコ)

【価格】12000+税

こちらはNIKOと同じ機能・サイズなのですが、表面の素材が違います。ターポリンという水に強く耐久性の高い素材を扱っているんですね。日本限定で、ビジュアルが黒統一の高級感もあるので人気のバッグになっています。

NIKO SLING(ニコ スリング)

【価格】7000+税

ミニサイズのNIKOです!3Lと容量は小さいので本格的なカメラ―には向いていないかなという印象です。結構キャンプなどのサコッシュとして使われる方が多いようです。

NIKO PACK(ニコ パック)

【価格】21000+税

NIKOの2倍ほどの大きさのあるタイプです。23Lになります。

こちらは個人的に最もオススメしているタイプで、容量もさることながら非常に多くの機能が備わっています。

まず上部を開くとコンパートメントが登場します。

こちらのコンパートメントは小物をメッシュポケットに入れるなど小物から少し大きめなモノまで多彩に収納できます。

続いて、側面ポケットを開けるとこんな感じ

開け方がなかなか面白くて、立体的に開閉する感じ。大きく開いたメインコンパートメントには仕切りがたくさん!これで自由にカスタマイズしてください。全て外して一つの大きなコンパートメントとして使うことも可能です!

このようにサイドからもアプローチできるコンパートメントなのでバッグを完全に降ろすことなく体の側面にはわせるように持ってくることで荷物へアプローチできます。

また裏地にメッシュポケットなどたくさんのコンパートメントが付属しているためここにも収納が可能ですね。ちなみに側面についているバックルを留めておくことで不用意にメインコンパートメントが全部開かないような工夫もできます。これはカメラが不意に落ちないような工夫です。

そして上部のコンパートメントとメインコンパートメントとの間には実は仕切りがあって、外すことで全体を一つにすることも可能です。

ちなみに側面にカメラを収めるとこんな感じになるそうです!カッコいい!

 

@urak.ih04_subがシェアした投稿

圧倒的な熱量でNIKO PACKを押してしまいましたが非常にオススメできる商品です。クロームの商品をたくさん紹介しているこの記事でも2位にランクインしています!

あわせて読みたい
20選!アウトドア店員がオススメするCHROME(クローム)のバッグ・リュックの評判とランキング!  こんにちは!   元アウトドアショップ店員のウマです!   今回は最高におすすめのバッグブランドであるChrome(クロー...

NIKO F-STOP PACK(ニコ F-ストップ パック)

【価格】23000+税

NIKO PACKより2000円ほど高いこちらの新作は、NIKO PACKをさらに改良したものになっています。容量はそのままですが、収納スペースなどが変わりより使いやすくなっているようです。

サイドにドリンクホルダー、そして前面にはクロームのブリゲイトと同じマジックテープバンドが付いていますね!これなら細長い機材とかも持ち運べそう!メインコンパートメントの開け口も若干変わっている。

詳しくは動画が挙げられているので見てみてください!

NIKO HOLD(ニコ ホールド)

【価格】9000円

こちらはショルダーバッグとしても手提げバッグとしても使えるNIKOシリーズの新作ですね。容量は7Lと、ちょっとした移動には良さそうです!

まとめ

いかがだったでしょうか?クロームのNIKOシリーズ!カメラ好きの方はもちろんカメラを持っていない人でも魅力的に感じたのでは?

是非試してみてくださいね!

 

 

ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい
関連記事はこちら