アウトドア商品

大雨を乗り切る!元アウトドア店員がオススメする防水シューズ10選!

 
こんにちは!
大学時代に5年ほどアウトドアショップで働いていたウマです!
 
雨の季節が近付くとなんだか気分も落ち込むし、テンションあがらないですよねー!
特に、大雨で靴の中に水が浸入なんてしてきたら最悪!
あの、なんともいえない不快感を味わうことになります。
 
僕もアウトドアショップで働くまでは、安いスニーカーなどを履いていたので雨水侵入の常習者でした。
 
しかし、アウトドアショップに入ってみて感激!防水の靴って本当に全く水が浸入してこないんです。
 
しかも、長靴みたいなモノではなく、トレッキングシューズやちゃんとしたスニーカータイプのモノなど、ファッションでも履けるけど防水も付いている!みたいな靴がたくさんあって感動した記憶があります。
 
今回は、是非みなさんにも完全防水の靴を履いていただいてこの雨の季節を乗り切ってもらいたいと思います。
 

防水の機能って何があるの?

(出典:メレル Facebook
 
オススメの靴を紹介する前に少しだけ防水の機能について紹介したいと思います!
完全防水とは言っても色々種類があります。購入する上で迷うところだと思うので是非参考にしてください。
 

GORE-TEX

なんと言っても完全防水で最も有名なのがGORE-TEX!これなしには防水は語れません。
 
GORE-TEXは非常に薄い膜みたいなものが靴の内側に一枚入り込んでおり、そこで水の侵入をシャットアウトします。
 
だから見た目がメッシュ生地でこんなシューズで雨防げるのか!?と思う方もおられますが、その内側で守っているというのが実情です。
 
防水と言うと、暑くて蒸れてしまうイメージがありますが、蒸れを最大限まで減らしているのがGORE-TEX。
外側からの水は通しませんが、内側からの水蒸気は通すという神機能!
 
暑い夏でも、なるべく快適に過ごせるような工夫が施されているんですね!
 
ただやはりGORE-TEXが付いている商品はそれだけ価格が高くなってしまいます。
 

ブランド独自の完全防水機能

実は、完全防水と謳っていてもGORE-TEXでないことは多々あります。
ブランドが独自で開発した防水機能がついているようなパターンです。
KEENのKEEN DRYをはじめ多くのブランドが独自の防水機能を展開しています。
 
やはりブランド内開発なので価格はGORE-TEXよりも安くなっています。
しかし、どうしてもGORE-TEXの信頼性が欲しいという人はGORE-TEXにした方が良いでしょう。
 

ゴム防水

今までに挙げた2つの防水は特別な機能で防水になっています。
 
しかし、もちろん長靴にはGORE-TEXが入っていないようにゴムで防水というパターンもあります。
しかし、長靴はどうしても普段使いには合わないですよね。
 
そんな中でオススメできるのは後ほど紹介するボグス。普段使いできる見た目で、かつゴムによる完全防水になっています。
 
ゴム防水は比較的安く済みますが、その分重く通気性も悪くなります。
 

完全防水でない防水

防水とは言っても完全防水ではない防水もあるので注意しましょう!
 
例えば、表面に撥水素材を用いている防水タイプの靴。
 
正しくは撥水ですが、これを防水と表記していることもあります。もちろん多少の雨では入ってこないのですが、やはり完全防水の靴に比べると弱いですね。
 
これはなかなかちゃんと機能を見たり店員さんに聞かないと分からないのですが、価格の違いである程度判断できます。
 
一概には言えませんが、アウトドアブランドで1万ちょっとで完全防水靴をうたっているのは少し安すぎるので、ただの撥水である可能性は高いです。
 

オススメ防水靴

前置きが長くなりましたね!
それでは、雨を乗り切る優秀な防水靴を紹介していきます!
 

ジャングルモックGORE-TEX

【価格】16800+税
 
まずはメレルブランドから!
 
非常にコンフォートで履き心地抜群のシューズ!
見た目も落ち着いていて普段からビジネスにもプライベートにも使えます。
 
とにかく履き心地が良いので、雨靴として買ったのに、晴天でも履きたくなっちゃう、そんなシューズです。
 
ただ、若干滑りやすいのが弱点です。アウトソールの地面との接地面が小さく濡れた平らな路面では滑りやすくなっています。
 
注意しましょう!
 

モアブ2GORE-TEX

【価格】13800+税
 
メレルブランドが続きます。
 
モアブはメレルの中でも非常に人気のあるライトトレッキングシューズです。
そこまでヘビーな見た目ではないので、普段使いで十分使えます。
 
ビブラムソールという耐久性が高く上質なアウトソールを用いているのが特徴ですね!
ビブラムソールとGORE-TEXが付いてこの値段は激安です!
 
ミッドタイプとロウタイプがあるので好みで選びましょう!トレッキングと併用されるならミッドタイプの方がオススメです。
 
タウンユースだけならロウタイプで良いでしょう。
 
また、FSTという軽量かつグリップ力の高いシューズも展開していてそちらもオススメです!
詳しくは「履き心地抜群で機能性たっぷりのメレルのモアブシリーズを評価!」にまとめていますので良ければご覧ください!
 

カメレオンストーム5GORE-TEX

【価格】17800+税
 
メレルのカメレオンシリーズは一世を風靡した今でも人気のシリーズです。
 
カメレオンシリーズもモアブシリーズと同じくGORE-TEX、ビブラムソールを用いております。
 
モアブシリーズにないモノとして、カメレオンシリーズはシャンクと呼ばれる足の安定性を高めるプレートが入っています。
 
また、アウトソールにサイピングと呼ばれる細かい切れ込みが入っており滑りにくい工夫がされています。
 
普通のカメレオンもオススメですが、雨タウンユースにおけるパフォーマンスを求めるならストームがオススメです。
軽量で価格も安めです。最近カメレオン7ストームという最新シリーズも出てより一層目が離せません!
 
詳しくは「アウトドア店員がメレル「カメレオン」シリーズの履き心地と評価!」にまとめているので良ければご覧ください!
 

オークリッジ

【価格】13000+税
 
こちらはKEEN(キーン)からエントリー!
 
メレルで言うモアブみたいな立ち位置のライトトレッキングシューズです。
 
こちらは、GORE-TEXを用いておらず、KEENが独自で開発した完全防水機能KEEN DRYを用いています。
 
またアウトソールもビブラムソールではないので、機能性ブランドにこだわる方はメレルの方が良いかもしれません。
 
正直機能的な差はそれほど無く、KEEN独自の機能でも十分だと思っています。
 
KEENのこだわりとしては、トゥプロテクションですね。
 
つまさきが厚く保護されているので足をぶつけても痛くないのはもちろんのこと、よくありがちなつま先の縫い目から雨水が侵入することも比較的少ないと言えます。
 

ターギー

【価格】17500+税
 
ターギーはKEENの根強いファンが多い人気トレッキングシューズ。
 
オークリッジより価格が高い分、歩行を安定させるシャンクが入っていたり、レザー面積が多かったりします。
 
防水機能に関しては変わらないので安く済ませたいという方はオークリッジを選ぶと良いでしょう!
 
実はターギーにもメレルのモアブFSTと同じように軽量かつスタイリッシュなタイプが存在します。
その名もターギーEXP!
 
通常のターギーでは少しゴツイ感が出てしまい抵抗のある方にはこちらのEXPがオススメです。
詳しくは「街でも山でも!履き心地抜群KEEN(キーン)のターギーをレビュー!」にまとめているので良ければご覧ください!
 

シティズン

【価格】13800+税
 
KEENの大人気ジャスパーシリーズから派生した防水シューズです。
 
ここで注意したいのは完全防水ではないということ。防水レザーを用いている+水が浸入しがちな縫い目をシームテープで塞いでいることで、防水を実現しています。
 
GORE-TEXほど強力な防水ではないですが、普通の雨なら十分防げるレベルの防水なので、検討しても良いでしょう。
 
履き心地は非常に良いです。
 
シティズンを含めジャスパーシリーズに関しては「アウトドア店員がKEEN(キーン)「ジャスパー」の履き心地と評判に迫る!」にまとめているので良ければご覧ください!
 

テラドーラ

【価格】15000+税
 
こちらは残念ながら男性用がないタイプのトレッキングシューズです。
 
女性のためだけに作られたシューズで、人間工学的に徹底的に考えられているのが特徴です。
 
自分が履けないのが非常に残念なのですが、履いた人の評判は非常に良くクッション性が抜群です。
 
カラーも豊富で、オシャレなデザインになっています。
 
女性ならば是非試してみる価値のあるシューズです!
詳しくは「女性のためのシューズ!KEEN(キーン)の”テラドーラ”とは!?」にまとめているので良ければご覧ください!
 

アーバンウォーカー

【価格】10000+税
 
ボグスからゴム製の完全防水シューズのご紹介です!
 
非常に機能にこだわっているブランドで、マイナス20度まで耐えられるという日本では無駄な機能が特徴です笑
ゴム製の完全防水なのに見た目はゴムっぽくなく、ビジネスシーンやプライベートでも十分使えるのが良いですね!
 
また、蒸れがちなゴム靴ですが、内側に汗を吸収してくれる素材が入っているので、比較的蒸れずに過ごせます。
 
しかしやはり他のシューズに比べると重くなっているのでそこが難点ですね。
 
他のボグスのシューズに関して「10選!アウトドア店員がおすすめする防水靴ブランド”ボグス”のブーツの魅力と履き心地!」にまとめているので良ければご覧ください!
 

トラックストーム

【価格】12000+税
 
クロームというスタイリッシュなブランドからスニーカータイプの完全防水シューズのご紹介です!
 
完全防水と言うと、なんだか重たいイメージを持ってしまいますが、スニーカータイプもあるんです。
 
見た目からは全く完全防水と想像できないんです。防水靴は欲しいけどスニーカーみたいなシューズが良いという方にはピッタリですね!
 
クロームは自転車での使用を想定して作られているブランドです。そのためプロパルションプレートという特殊なプレートを採用しており歩行・ペダリングの安定性が増しています。
 
また、夜間視認性に優れたリフレクティブヒールを採用しているので夜間の自転車走行も安心です!
 
クロームのシューズは「アウトドア店員がおすすめするCHROME(クローム)のシューズ14選の評価とランキング!」にまとめているので良ければご覧ください!
 

919ロウ2オムニテック

【価格】13500+税
 
コロンビアからもトレッキングシューズではなく普通のタウンユースタイプで防水タイプの靴がたくさん出ています。
 
オムニテックはコロンビアの独自防水透湿機能で、機能としてはGORE-TEXと同じです。
 
アッパーにはキャンバス生地や人工スエードを用いているためそれほど高くなく、かつライトなデザインで軽量に作られています。
 
履き心地も良く着脱が楽なのも魅力的ですね!
 

まとめ

いかがだったでしょうか?
 
どんな大雨でも安心できる完全防水靴を持っておくと良いですよね!
 
是非自分に合うタイプを見つけてみてくださいね!
 
 
 
ABOUT ME
ウマ
大学院生.統計学専攻. 映画鑑賞と海外旅行が大好き 最近スマブラ64に激はまり中. 使うキャラはサムス・ドンキー・マリオ・リンク・ネス