運営者プロフィールはこちら
映画

トムクルーズ主演SF映画「オブリビオン」のあらすじとレビュー!

 
こんにちは!
今回は、トムクルーズ主演のSF映画「オブリビオン」のあらすじとレビューを行いたいと思います。
 
オブリビオンはこれぞSFと言った世界観と見事なシナリオが特徴的です。
少し矛盾点はありますが、シナリオ・脚本が非常に良い映画だなと思いました。
また、特徴的なのが映像美!映像が非常に綺麗なので大スクリーンで観ると良いかと思います。
 

あらすじ

それではオブリビオンのあらすじについて見ていきましょう!ネタバレも含むのでご注意を!
 
舞台は2077年。
ある地球外生命体スカヴによって月が破壊され、地球が侵略されます。
 
しかし人類は間一髪のところで侵略に持ちこたえ、核兵器を使うことで敵を壊滅させることに成功します。
定住地として機能しなくなってしまった地球から土星の衛星タイタンに移住する計画を立てた人類。
 
テットという管理センターを作り上げ、地球から海水を引き上げて核エネルギーにする採水プラントをいくつか配置します。
 
ジャックとヴィカはそんな採水プラントを警備する地球に残った唯一の人類。彼らは記憶を消され任務についています。
ドローンと呼ばれる自立式パトロールマシーンが採水プラントを守っているのですがそれらの管理をしているのです。
 
そんなある日宇宙船が地球に墜落してきます。
 
そこにはカプセルに入った人間の姿が。ジャックは彼らを助けようとしますがほとんどの人間はドローンによって抹殺されてしまいます。
 
1人だけ生き残ったジュリアにはどこか見覚えが・・・
 
これをきっかけにジャックはこの世界の異変に気付きます。
 
実は彼らが信じているこれらの設定は全くの嘘。
記憶を操作され思いこまされていた都合の良いシナリオだったのです。
 
本当の敵は誰なのか。自分たちは何者なのか。
真実がどんどん明らかになっていきます。
 
果たしてどのような結末が待っているのでしょうか?
 

レビュー

前半は、綺麗な映像に魅了され、この世界の設定を信じ込まされます。
 
特になんら変わらない普段の警備の時間。ジャックはドローンの修理に励みます。
しかし、宇宙から宇宙船が墜落してから様子は全く変わります。
 
前半で完全にこの世界の設定を頭に染み込ませて、ひっくり返す。
 
非常に僕が好きなパターンの映画です。
 
終盤に近付くにつれてどんどん引き込まれていきました。
 

まとめ

ただ単純な戦いではなく脚本の凝ったSF映画が大好きです。
 
ちなみにおすすめのSF映画をこちらにまとめていますので良ければご覧ください。
 
あわせて読みたい
厳選15選!絶対に観て欲しいオススメのSF映画!  こんにちは! 映画を語る上で外せないのがSF映画! みなさんはどんなSF映画が好きですか?どんな人にも大好きなSF映画があると...
他にオススメのSF映画があったら教えてください!
 
 
 
ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい
関連記事はこちら