映画

ループ型SF映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」が最高に面白かった!

 
こんにちは!
 
戦闘モノのSF映画とかはありきたりのモノ多いなーとか思って敬遠してるんですが、こちらのオール・ユー・ニード・イズ・キルは全然違う!
設定が最高に面白く脚本もしっかりしているタイムトラベル映画でした!
 
是非面白いのでみなさんに観て欲しいオススメの映画です。
 
この記事では簡単にオール・ユー・ニード・イズ・キルの設定と見どころについてご紹介していきます!
ネタバレ要素もあるのでまだ観ていない人は要注意!
 

オール・ユー・ニード・イズ・キルあらすじ

 

この映画の主人公はアクション映画でおなじみトムクルーズ!
 
突如地球は得体のしれない地球外生命体に襲われます。全く歯が立たない相手に対して軍は特殊モバイルスーツを開発します。
人類はこれを装着して戦うわけですが、ある女性の活躍で初めて相手の侵略を阻止し戦いに勝利します。
そんな矢先になぜかトムクルーズ演じるケイジは少佐なのに前線に送り込まれることに!
 
今回トムクルーズが演じるのは広告マンから少佐になってしまった軍人とは言い難い臆病な人間・・・
ぎこちない戦闘から臆病な立ち振る舞い。トムクルーズの珍しい姿が見れますよ!
 
しかしそんな姿も序盤まで!このストーリーの設定上、トムクルーズ演じるケイジはメキメキ見違えるほど強くなっていきます!
何故かって?
それがこのストーリーの醍醐味であり見どころ!
 
主人公ケイジは、戦場で敵の血を浴びたことで死んでも前回目を覚ましたところへループできるような体になってしまうのです!
 
だからいくら死んでも元に戻ります。うん最強笑。
 
全く歯が立たなかった相手に対して未来が見えてるかの如く立ち振る舞います。このシーンは何十回目だみたいなセリフかっこいいですね!
 
RPGでボス戦でセーブして負けては消して負けては消していたことを思い出しました。
ケイジがみるみる間に強くたくましくなっていくのは、男心をくすぐられます!
 
まあ、それだけでも非常に面白いんですが、実はその裏には複雑な設定があって・・・
 
敵は大量に湧いてくる雑魚キャラ(実際雑魚ではない)とアルファ(雑魚キャラ68万に1体の中ボスキャラ)とオメガ(1体だけ)に分かれます。
アルファがやられるとオメガが時間を巻き戻すという設定。
だからいくら人類が頑張っても勝てるはずないんです。
 
しかしそこに現れたのが臆病者ケイジ。彼はたまたまアルファを倒しアルファの血を浴びたので、同時に時間をさかのぼることができたのです。
 
ふぅー複雑ですね。
まあ最終的にオメガを倒さないと人類の勝利はないので、どうにかしてオメガを倒すことを目論みます。
 

まとめ

とにかくスピード感があって気付いたら引き込まれている映画です。
続編も検討中みたいなので期待大ですね!!
 
ABOUT ME
ウマ
大学院生.統計学専攻. 映画鑑賞と海外旅行が大好き 最近スマブラ64に激はまり中. 使うキャラはサムス・ドンキー・マリオ・リンク・ネス