Web

WestJet航空・Alwaysの動画からバズる動画マーケティングを考える

 
こんにちは!
現在、通信は5Gの時代に突入しようとしていて、スマホでの動画視聴が当たり前になりつつあります。
誰でも気軽に外出先で動画を視聴できるようになりつつある今、企業としては動画マーケティングに力を入れなけばなりません。
 
そんな動画マーケティングですが、なかなか上手くいかないことも多いと思います。
動画の役割としては、認知度を上げたり、ブランド価値を高めたり、はたまた購入につなげたりと様々な役割があります。
マーケティングの世界でよく使われるマーケティングファネル(潜在→見込み→直近)などのフェイズに沿って動画コンテンツを作っていく必要があるでしょう。
 
その中でも今回は、潜在顧客にアプローチする動画のご紹介したいと思います。
ここでの動画の役割はなるべく多くの人にリーチし共感を得ることです。
そのため、無理に自社ブランド・商品を押し出すことなく、自社の見込み客となり得る潜在顧客に刺さる動画コンテンツを作ることが重要です。
バズることは非常に重要ですが、バズっても自社のターゲットと全くずれていては意味がありません。
 
それでは、成功した動画コンテンツとして有名なWestJet航空の動画とAlwaysの動画を見てみましょう!
 

■WestJet Christmas Miracle:Real-time Giving

 

 

内容

クリスマスイブ、WestJet航空に突如と登場するサンタクロースの映像と話せるブース。
 
そこでは、ディズニーランドのタートルトークみたいな感じでサンタクロースと話せます。
 
みんな、サンタさんにどんなプレゼントが欲しい?と聞かれ、欲しいプレゼントを応えます。
 
もちろんそのプレゼントがもらえるとは思ってもいません。
 
そんなことは忘れ、旅客が飛行機に乗り込み旅路に経とうしている中、スタッフは大急ぎでお客さんが欲しいといったプレゼントを買いに走り回ります。
 
そして、綺麗に包装し、贈り宛も記し、準備完了。
 
何も知らない旅客の人々は、いつも通り到着ロビーで、自分の預けたキャリーが流れてくるのを待っています。
するとなぜかクリスマスの音楽とともにツリーなどが光り始めます。
 
次の瞬間、流れてきたのはキャリーケースではなく、包装された数々のプレゼント!!
 
出発の時に欲しいといったプレゼントが本当に届いたのです。
 
そこに現れるサンタクロース。みんなにメリークリスマス!と言ってクリスマスを祝います。
めっちゃハッピーで幸せになる動画!
 
こんなサプライズを受けたお客さんは、絶対今後もWestJet航空を使うロイヤルカスタマーになるでしょうし、この動画を観た人々もWestJetを使ってみたいと思うでしょう!
 
認知度向上・ブランド価値向上に寄与した素晴らしい動画と言えますね!
 
 

■Always#Like a Girl

 

 

・内容

続いては、P&G社のブランドAlwaysの動画です。
 
これは2015年にソーシャルで最も注目を集めた動画とされています。
 
この動画では、まず男性や女性にGirlのようにふるまってみてと伝えます。
そうするとみんななんだかナヨナヨしたようにふるまいます。
 
続いて10歳程度の女の子に同じ質問をぶつけます。
すると、彼女たちはパワフルに自分の好きなようにふるまいます。
 
そう、彼女たちには先入観がないのです。
 
女性らしい、女性らしくないと言われることはあるかもしれませんが、そもそもその言葉が間違っている。
私らしくふるまえばいいんだ!
ということが伝えられています。
 
この動画は特に女性からの共感を得ることに獲得し、多くの反響を生みました。
 
Alwaysは生理用品のブランドですので、まさに多くの潜在顧客の心を掴んだ素晴らしい動画と言えるでしょう。
 

■まとめ

これらの動画を観てみて何が言えるでしょうか?
 
1つは、観てる人の心を動かすということ。
2つ目は最初は何が起こるか分からず、動画にストーリーがあるということ。
そして最後に自社やブランドを押し出していないということ。
 
このような動画は直接売上に寄与するわけではないので、再生回数やイイネ数などをKPIに設定し、効果測定すると良いでしょう!
 
なかなか動画コンテンツ作成は難しいと思いますが、成功事例から学び、良いものが作れるようお互い頑張りましょう!
 
ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい