こんにちは!
 
みなさんは理想の上司はたまた理想の部下になれていますか?
また、周りには理想の上司・理想の部下はいますか?
 
色んな本で上司の在り方や部下としての仕事の進め方が紹介されていますが、それを読んでもピンとこないことが多いです。
 
ちなみに「部下の哲学―成功するビジネスマン20の要諦 (PHP文庫)」と「上司の哲学―部下に信頼される20の要諦 (PHP文庫)」っていう結構有名な本があってコンパクトに分かりやすくまとめっているので興味があって読んだことのない人は読んでみるとよいかもしれません!
まあ正直この本を読んでもフムフムとは思うのですがそれでもなんだかイメージが湧きずらいんですよねー!
 
そこで今回は、そんな上司と部下の理想の姿をアニメのキャラに合わせて考えてみたいと思います!
アニメのキャラクターで例えるとなんだかスッキリ!
 

理想の部下

まずは理想の部下!
 
僕が考える理想の部下は名探偵コナンの江戸川コナン!
 

 
とりあえずめちゃくちゃ優秀で頭きれっきれなんですが、それでもその優秀さをひけらかすことはありませんよね?
 
コナンは自分で解決できるようなことも毛利小五郎を上手く誘導して解決します。
 
さらに手柄は決して自分のモノにしません。
 
部下としては理想の存在だと思います。
 
やはり部下としては、上手く立ち回り問題解決を行いながらも上司にある程度花を持たせることが重要だと思います。
 

理想の上司

続いて理想の上司!
 
僕が考える理想の上司はワンピースのルフィ!
 

ルフィってちゃらんぽらんなイメージがあるんですが、実は色々考えてるんですよね。
 
麦わら海賊団におけるルフィの役割は、目指すところ・目標を定めて旗を振ること。
 
ルフィは誰にも指示を出すことはしないんですが、ルフィが目指すところに麦わら海賊団メンバー全員が突き進んでいくんです。全員が自分のできること・強みを活かして勝手に行動してくれるんです。
 
また、メンバーはのびのびと自分の役割を全うしていて、やらされている感・義務感は全くないんです。
 
これはルフィの目標に対する熱い情熱と、損得勘定なしで善悪を判断する純粋な心があるからではないでしょうか?
 
人数の多い部署を取りまとめる管理職の方などではまた状況は違うかもしれませんが、ルフィの姿に学ぶことは多いはずです。
 
特に部下の個性が強くてなかなか強引な方法じゃ上手くいかないときはルフィみたいなリーダーシップが活躍するかもしれません。
 

まとめ

みなさんはどうお考えでしょうか?
 
アニメを仕事に例えてみると意外と面白い発想が生まれて良いかもしれません!
 
「こんなアニメのキャラクターが居て、コナンやルフィよりも理想の部下・上司に最適だよ!」という指摘はドシドシ受けますので是非教えてください!