登場以来大人気のミステリーランチの「スクリー」の評判と魅力に迫ります!
 
 
こんにちは!
元アウトドア店員のウマです!
 
本日は大好きなアウトドアブランド「ミステリーランチ」から大容量だけどアクセスしやすく使いやすいバックパック「スクリー」のご紹介です!
 
ミステリーランチと言えば、ゴリゴリのバックパックで価格も非常に高いイメージですが、このスクリーは非常にライトな設計で価格もそれほど高くなく手が届きやすいです。
 

ミステリーランチとは

 

 
詳しくは「アウトドア店員がおすすめするミステリーランチ20種類のリュック・バッグの評価とランキング!」をご覧いただきたいのですが、こちらでも少しばかりご説明を!
 
昔は相当レアな高額バックパックメーカーでほとんど街中で見ないブランドでしたが、最近良くみかけるようになりました!
 
Mystery Ranch(ミステリーランチ)は『機能性』『背負い心地』『品質』そして『耐久性』の伝統の基に築かれています。2000年からミリタリー、ハンター、森林消防隊、登山家の為に過酷な現場で本当に使える職人手製のバックパックと荷物運搬システムを作り続けています。米国モンタナ州ボーズマンを拠点にグローバル展開を広げています。
 
 
これはミステリーランチのHPから引っ張ってきた文章なんですが、太字に注目!!
なんとびっくり!!!
 
そう!ミステリーランチはアメリカの軍や消防隊公式のバックパックとして採用されているんですね!!
 
 

スクリーの魅力

 
 
それでは早速スクリーの魅力を見ていきましょう!
 

フュ―チュラヨークシステム

この機能とにかくすごいんです!
基本的にはバックパック・リュックって背面部分の高さは調整できないのですが、本来ひとそれぞれフィットする背面長があるはず。そんな思考から生まれたミステリーランチのフューチュラヨークシステムは、プレートを使って背面長を自由に調節することができるんです。
 
結構調節の仕方が難しいんですけどミステリーランチの公式HPを見れば問題ないと思います。
 
実はこの機能、ミステリーランチのバックパックの中でもついているものとついていないものがあるんです。
 
価格の高いものやトレッキングシーンを想定されるものにはついていると考えて良いでしょう。
 
例えば、ミステリーランチの代表商品アーバンアサルトにはフューチュラヨークシステムはついていません。
 
このスクリーは23000円という安さなのにフューチュラヨークシステムがついているのが魅力の1つです。
 

3ジップアクセス

これもミステリーランチのリュック・バックパックの特徴的な機能ですね。
 
ジッパーが前面の中心部から3方向に分かれていて、下の方の荷物へも簡単にアクセスすることができるんです!
本来このようなジッパーにしてしまうと、3つのジッパーが交わる中心部分から水の浸入を許してしまうことが難点でした。
 
しかし、Danaは上部を覆いかぶさるように設計し、その難点を上手く解消したのです。
従来のリュックで下の方にいれたものがとりずらくて苦戦した経験はありませんか?
そんなムダな時間・労力をかける必要はもうありません。
 
3ジッパーだと、どこの位置にいれた荷物にも簡単にアプローチできるのです!!
 
この3ジップアクセスシステムは全てのリュックに搭載しているわけではありませんが、このスクリーは搭載しています!
 
やはり、荷物へのアクセス容易性は重要でこれがないのとあるのとでは相当違います!
 

軽いけど摩耗に強い素材

スクリーには420デニールのRobic生地を用いています。
この生地は表面は若干テカテカしていて軽く摩耗に強いのが特徴です。
 
またミステリーランチのバックパック全体に言えることなのですが、生地の縫い目は全て裏に織り込んでいるので外部の摩耗でほつれたりすることは起きません!
 
他のリュック・バックパックは基本的に500デニールのコーデュラナイロンを用いており、そちらの方が確かに耐久性は高いですが、若干重くなってしまいます。
 
スクリーの価格を安く提供できるのも生地がライトであるという理由があるのでしょう!
 
 

スクリー

 
スクリーの魅力は伝わったでしょうか?
ここで挙げた以外にも細かいこだわりなどがつまっているバックパックです。
ユーザーが使いやすいように徹底的に設計されています。
 
非常に使いやすくて価格も安いコスパの良いバックパックに仕上がっています。
是非使ってみてください!
ちなみに同じようなタイプでアーバンスタイルのクーリーというシリーズも展開しています。