東南アジアバックパッカー1人旅で必要な持ち物と注意すべきこと

 
こんにちは!
先日、東南アジアへバックパック一人旅に行ってきました!
 
海外一人旅は初めてだったので、どんな荷物を持っていけばよいのか分からない!
2日前に決めたので準備時間もあまりない!
そんなあわただしい旅行でしたが、なんとかなりました。
 
この記事では、その旅を経て絶対に必要なモノとあって便利だったモノ、そして注意すべきことを書いていきます。
 
詳しい旅の記録は「東南アジアバックパッカー1人旅の記録」をご覧ください!
 

絶対に必要なモノ

■リュック・バックパック

まず当たり前ですが、荷物を入れるためのリュック・バックパックは絶対必要ですね。
 
今回、いわゆるトレッキングなどに使われる大容量のバックパックで行こうかとも思ったんですが、意外と荷物を少なくすることに成功したので僕の場合はタウンユースのリュック2つで行きました。
 
ミステリーランチのジャバ
サロモンのEXPLORE COMMUTER
ジャバが17LでEXPLORE COMMUTERが25L。
どちらも容量に関しては大きいとは言えませんが、ジッパーが大きく左右に開閉するのでパッキングは非常にしやすいです。
 
またジャバはショルダーパッドのクッションが非常に厚く長時間背負っていてもあまり疲れません。EXPLORE COMMUTERは薄めなので肩への負担はちょっと大きくなってしまうかも。
 
ジャバに関して詳しくは「最高の使い心地!ミステリーランチのジャバをレビュー!」にまとめていますのでご覧ください!
 
リュックやバックパックを選ぶ上での視点は、容量、荷物のパッキングのしやすさ(すなわちそれは荷物へのアプローチのしやすさにもつながります)、肩への負担の少なさです。
 
無駄に容量の大きいバックパックを買ってみても、荷物へのアプローチがしにくく使いにくいということになりかねません。
また、LCCなどを使う場合は機内持ち込みをすると思うので、規定の縦横高さ以内でないといけません。
 
LCC各社によって若干規格は違いますが、基本的には55㎝×40㎝×25㎝に収めないといけないと考えてください。
 
結構55㎝って短いのでほとんどのバックパックが超えてしまいます。少しくらい超えても大丈夫みたいですが、それは交通違反をしても見つからなければ捕まらないという発想と一緒です。
 
もし規格以上だからダメだと言われて、みんな規格を超えてるじゃないか!と泣き叫んだところで無意味です。
なるべく規格以内に収まるリュック・バックパックを選びましょう!
 

■パスポート

これは当たり前ですよね。
忘れたら出国できません。
 

■南京錠

南京錠は色んなところで役に立ちます。
 
ドミトリーのロッカーや部屋のドア、リュックをロックするのに必須です。
荷物の盗難を防ぐためにも絶対に南京錠は持っていきましょう!
 
100均でも売っていますが、変にロックがかかってしまったり簡単に壊れてしまったりという話を聞いたので、ちゃんとしたものを購入するのがオススメです。
 
こちらのTASロックの南京錠がオススメです!
 
個人的には鍵を失くしてしまうのが怖かったので番号式にしました。
3桁の番号だと少し不安なので4桁がオススメです。
またワイヤーが付いているのでバックをどこかにくくりつけておくなどもできます。
 

■現金

現金は日本円とドルで持っていきましょう。
 
カンボジアはドルが流通しているのでドルが使えます。
 
他にも東南アジアはドルが使える場所が多く、また両替もドルからの方がレートが良いのでドルにしておくと良いと思います。
 
僕の場合は日本円で3万、ドルで300ドルくらい持っていきました。
 

■クレジットカード

一人旅においてクレジットカードは非常に大事です!
最悪クレカとパスポートさえあれば生きていけます。
 
クレカはできればキャッシングができる方が良いです。陸路で国境越えなどをすると夜中にその国に着くことがあります。
そんな時、現金をいくら持っていても両替ができないという状況になりかねません。
 
キャッシングができればそこらじゅうにあるATMから現地のお金を引き出せるので便利です。
キャッシングは高いというイメージがあるかもしれませんが、ATM手数料がかかるくらいでレートは普通の両替所より圧倒的に良いことが多いです。
 
ちなみにクレジットカードはエポスカードがオススメです。
 
最初から海外キャッシングがついていて、海外保険も良い内容でついています。
これで年会費無料という神カードです!
 
僕はインドに1か月行った時も今回の東南アジア2週間も保険はエポスカードで済ませています。
 

■スマホ・充電器

スマホは今の時代絶対にないとやっていけませんよね!
スマホ用の充電器も忘れずに持っていきましょう!
 
ちなみに一人旅は移動中など一人で暇を持て余す時間が多いので、アマゾンプライムで映画を大量にダウンロードしていくと便利です。オフラインでも視聴できるので最高ですね!
 

■変換プラグ

基本的にスマホやPCの充電器は全世界の電圧に対応しているので変圧器を持っていく必要はないでしょう。
ただ、電源プラグの穴の形が違うので変換プラグは絶対に必要ですね。
 
僕の場合は、全世界の変換プラグに適応できるやつを使ってます。
 
これ1つあれば、もうどこの国に行っても問題なく電源が使えますからね!
ちなみにタイ・カンボジア・ラオス・ベトナムは日本のプラグのまま使えることも少なくありません。
 

■服・下着類

服に関しては人によっていろんなスタイルがあります。
 
僕の場合は、パンツ・靴下・半袖シャツを3着ずつ、半ズボンと長ズボンを1着ずつ持っていきました。
下着やシャツなどは毎日洗濯し、ローテーションするスタイルです。
 
人によってはその日着たものは捨てて新しい服を現地で調達するというスタイルの人もいました。
洗濯が面倒な方はそのようなスタイルでも良いと思います。
 

■羽織るもの

東南アジアは暑いですが、屋内は空調が効いていて寒いことが多いです。
 
そのため軽く収納が簡単なアウターを持っていくと良いでしょう!
 
僕の場合はノースフェイスのインナーダウンとメレルのGORE-TEXマウンテンパーカーを持っていきました。
どちらも軽く機能性が高く非常に重宝しました。
 
回僕が持っていったノースフェイスのダウンは「ゼウストリクライメートジャケット」というマウンテンパーカーとインナーダウンセットのインナーダウン単体です。
 
もちろん冬場はセットで用いるのですが、春先や秋口、またはこのようなちょっとした旅行時にはセパレイトして役立つのでオススメしています。
 
もしノースフェイスのアウターに興味のある方はも「アウトドア店員がおすすめするノースフェイスアウター/パーカー/ジャケット25選の評判とランキング!」あわせてご覧ください!
 

■サンダル

東南アジアは暑いのでサンダルがオススメです。ただ歩き回ることが多いのでビーチサンダルなどクッションの薄いものではなく、しっかりしたサンダルがオススメです。
 
個人的にはKEENのサンダルが非常にオススメです。
僕の場合はKEENのニューポートH2というサンダルを使っていました。
 
つま先を保護してくれるトゥプロテクションがあり安心で、アウトソールにはサイピングと呼ばれる滑り止めの機能が付いています。
 
EVAミッドソールでクッション性も高く長時間履いても疲れません。靴下を合わせるとスニーカーのような見た目になるのでスニーカーとしても代替できます。
KEENのサンダルはどれも使いやすく東南アジアバックパッカーにオススメなので是非検討してみてくださいね!
 
ちなみにKEENのサンダルに関しては「アウトドア店員がおすすめするKEEN(キーン)のサンダル16選!評価とランキング!」にまとめていますのでよかったらご覧ください。
 
 

■シャンプー・ボディソープ

基本的に安い宿に泊まる人はこれらのアメニティはないと考えてください。
 
小さな機内持ち込みできるサイズの小分けボトルに入れて持っていきましょう。
 
ボディソープは選択する時にも使えるので多めに持って行っても良いかもしれません。
僕は80mlのボトルにフルで持っていきましたがほとんど使っちゃいました。
 
ここらへんは最悪現地でも調達できるのですが、意外とちょうど良いサイズのものがなかったりするので日本から持っていきましょう。
洗顔、化粧水やワックスなども必要に応じて小ボトルに入れて持っていきましょう!
 

■歯磨き

歯磨きも必要ですよね!間違いないです。
 

■ペン

ビザや入国申請書などペンを使うタイミングは意外と多いので必ず持っていきましょう。
 

あって便利だったもの

ぶっちゃけなくても大丈夫だと思うけどあったら圧倒的に便利なモノを挙げていきます。
 

■速乾タオル

これは非常に便利!
 
ドミトリーや簡易的なシングルルームだとタオルがないことがほとんどなので自分で持っていかなくてはなりません。
 
ただ、タオルやバスタオルを持ってくとかなりかさばってしまうし、洗濯してもなかなかすぐには乾かない!
さてどうしよう!そんな時に便利なのがこの速乾タオル!
 
これ一枚あれば十分です!ものすごく小さく収納できるしすぐ乾くし!
 

■SIMフリーWifi

こちらのSIMフリーWifiがあれば、どこの国でもWifiを使うことができます。
企業が提供してるモバイルWifiってめちゃくちゃ高額なんですよねあれ!
特に一番有名なイモトのWifiなんて1日1000円~
東南アジア周ろうなんて考えたら1日1500円とか!
 
そこに保証とかかかってきたらバカにならない額になります。
複数人でシェアできればまあギリギリ許容範囲ですけど、やはり高いし不便。
 
そうなるともうスマホにSIMフリーを使うしかない!?
んーでもSIMフリーって今使ってるスマホのSIMロック解除手続きしなきゃなんないから、やべ明後日出るのにWifiどうしようとかの時はしんどいすよね。
しかもスマホをSIM解除してしまうと電話番号使えなくなるし、いろいろ不便なこともありそうです。
 
だからと言ってSIMフリーのスマホを新たに買うのも高いし、普段使い慣れてないから不安だしなー。
 
現に僕がこの状況でした笑
2日前に東南アジアへ放浪の旅に出ることを決め、航空券を取ったはいいものの、Wifiに関して何も考えてなかったのです。
イモトとかグローバルWifiは高いし、SIMロック解除もなー、どうしよう。
 
こんな時に救世主として登場したのが、SIMフリー対応のモバイルWifi!!!
 
これ一つで全て解決!値段もそれほどかからないし最高ですね!
詳しくは「海外でスマホを使うならSIMフリーモバイルWifiを試すべし!!」にまとめているのでご覧ください!
 

■虫除けスプレー・クリーム

前回タイやベトナムに行ったときはそれほど蚊に刺されることがなく問題なさそうだから持っていかなかったのですが、思った以上に蚊が多い!
特にラオスは蚊が多いなと感じました。
 
ラオスの蚊に非常に悩まされまして、現地で虫除けクリームを買ってしまいました。
 

■洗濯ひも・ハンガー

洗濯したものを干すための紐やハンガーはあると便利です。
ドミトリーなどではなかなか洗濯物を干す空間を確保することができません。
このようなアイテムを持っていると便利です。
 

■ティッシュ・トイレットペーパー

東南アジアではトイレにトイレットペーパーがないことがあるのでトイレットペーパーを持っていくと便利です。
僕の場合は普段から鼻炎でティッシュを使うので多めにティッシュを持っていきトイレットペーパーは持っていきませんでした。
 

■帽子・日焼け止め

東南アジアはマジで日差しが強いので帽子や日焼け止めがあると良いでしょう。
僕の場合は日焼けしたかったので帽子もかぶらず日焼け止めも塗らずでした。
 

注意すること

 
荷物の準備ができたところで続いて注意するべきところを見ていきましょう!
 

■タクシーやトゥクトゥクの値段交渉は強気に!

東南アジアで移動する上で使うことが多くなるタクシーやトゥクトゥク!
 
ドライバーは必ず高額な値段でふっかけてきます。
そんな時は断固とした態度で応じましょう!
 
大体適正価格の2倍以上の値段で言ってくることが多いので言い値の3分の1くらいで応じると良いでしょう。
交渉しているうちにだんだんと相場感がつかめてくると思います。
 
また、メーターがあるならメーターをつかってもらいましょう。メーターを使うと必ず適正な価格になるので相当安く済みます。
 
相手がどうしても応じないようならその場を立ち去る態度を取りましょう。
立ち去ろうとすると態度を変えてOKと言ってくることも多いです。
 

■道路の横断は強気で

交通量が多いのに信号がないというパターンがよくある東南アジア。
怖気づいていてはいつまでたっても渡れません。
 
基本的に歩行者優先なのでタイミングよくわたりましょう。
 
特にベトナムなどはバイクの交通量がえげつなく、基本的にバイクは無視して渡ってバイクが歩行者を避けるのが普通になっています。
 

■スリに注意

僕はスリには合いませんでしたが、パスポートや財布をまるごと盗まれてしまった人に会いました。
やはり観光地ではスリは多いようなのでスリには気を付けましょう!
 

■辛さに注意

辛さは基本的に指定することができるんですが、現地のマイルドは日本人の辛いであることが多いです。
辛いのが苦手な人はノットスパイシーと強めに言いましょう!
 
 

まとめ

いかがだったでしょうか!
 
実際に使ってみて便利だったもの絶対に必要だと思ったものをご紹介しました!
 
とはいえ、ぶっちゃけパスポートとお金さえ忘れなければなんとかなります。笑
パスポートを忘れず握りしめて、最悪ないものは現地で調達しましょう! 
 
 
ABOUT ME
ウマ
大学院生.統計学専攻. 映画鑑賞と海外旅行が大好き 最近スマブラ64に激はまり中. 使うキャラはサムス・ドンキー・マリオ・リンク・ネス