アウトドア商品

圧倒的な履き心地のKEEN(キーン)の靴下の魅力と評判に迫る!

 
こんにちは!
 
みなさんはどんなブランドの靴下を使っているでしょうか?
 
下着や靴下はユニクロでいいやと思っちゃうんですが、やはり良いブランドの靴下は良い!
 
特にアウトドアブランドKEEN(キーン)の靴下は、抗菌抗臭・保温性などの機能性が高くおすすめです!
 
この記事では、そんなKEEN(キーン)の靴下の魅力と評判に迫ります!
 
 

KEEN(キーン)とは

 
 
KEEN(キーン)を知らない方のために少しご説明!
 
詳しくは「アウトドア店員がおすすめするKEEN(キーン)の靴20選の評価とランキング!」を見て欲しいんですが、ここでも簡単にご説明します!
 
KEEN(キーン)とはアメリカ発祥のブランド!
 
2003年にアメリカで立ち上がったばかりの比較的新しいブランドなんです!
 
サンダルを中心に展開していますが、どのシューズも履き心地が良く機能性が高いんです!
 
デザインが奇抜なものが多く、若者を中心に人気が出てきています!
 
細部に多くの工夫がしてあり、履き心地と機能性を高めています!
 
そんなキーンの展開する靴下が履きにくいわけありませんよね!
 
 

KEEN(キーン)の靴下の魅力

(出典:KEEN Japan HP
 
それでは早速キーンの展開する靴下の魅力をみていきましょう!
 

メリノウール

通気性が高く、保温性に優れたメリノウールを使っているので、足当たりが抜群に良いんです!
 
メリノウールには抗菌抗臭の機能もあり、長時間蒸れるようなブーツを履いていても臭くなりにくいです。
 
また、洗濯をしても伸びたり縮んだりしにくく非常に長持ちします!
 
安物って洗濯を何回もすると使い物にならなくて結局頻繁に買い替えちゃうんですよねー!
 

左右非対称設計

一般的な靴下は左右対称の設計なので、どちらが左でどちらが右か気にすることはありませんよね?
 
しかし、キーンの靴下は違うんです!
 
本来人間の足は左右で違うので、左右の設計は別にするべき!
 
左右の足に合わせた非対称設計が足にフィットし、快適な履き心地を提供します!
 

シームレス

製造過程で縫い目が生じてしまうのが普通なのですが、キーンの靴下は縫い目がないんです!
 
縫い目のないシームレス製法は、足裏の快適性を向上させます。
 

アーチサポート

普通の靴下であれば、足底が当たる部分は平坦になっています。
 
しかし、足底は平坦ではなく土踏まずがあがっているはず。
 
そのためキーンの靴下ではアーチサポートという土踏まずにぴったりフィットするような設計になっています。
 
そのため、疲れにくい快適な歩行が実現できているんですね!
 
靴底の薄さが特徴的なベアフットシリーズの靴にも同じような土踏まずサポート機能が搭載されています!
 

ヒールカップ

歩いているうちに靴下がだんだん脱げてきてしまうような経験はありますか?
 
キーンの靴下に搭載されているヒールカップは靴下のずり落ちを防ぎ快適な履き心地を提供するんです!
 
 

おすすめKEEN(キーン)の靴下

 
(出典:KEEN Japan HP)
 
それではキーンの靴下にどんな商品があるか見ていきましょう!
 

オリンパスライトクルー

【価格】1900+税
 
キーンの靴下にはライトタイプとミディアムタイプがありますが、こちらはライトタイプ。
 
比較的薄手の靴下です。
 
オリンパスクルーは、《DURA-ZONE》と呼ばれるハイテナシティナイロン繊維を用いており、快適性と摩耗に対する耐久性が高くなっています。
 
先ほどご紹介したシームレスやアーチサポート、ヒールカップなどが実現していて非常に履き心地の良い作りになっています。
 

オリンパスライトクルー1/4

【価格】1900+税
 
先ほどのオリンパスライトクルーは丈が50㎝ほどありますが、こちらはくるぶし丈のタイプです。
 
状況に応じて使い分けると良いでしょう!
 

オリンパスミディアムクルー

【価格】1900+税
 
こちらはミディアム生地のタイプで、生地の厚さは比較的厚めです。
 
冬用にはこちらのミディアムを、春秋にはこちらのライトを、夏にはライト1/4というように使い分けると良いですね!
 

ターギーライトクルー

【価格】1700+税
 
ターギークルーシリーズは、キーンの大人気トレッキングシューズ、ターギーの構造をまねて作られた靴下です。
 
そのためトレッキングシューズと相性が良く、非常に履きやすいです。
 
ライトなので薄手です。 
 

ターギーミディアムクルー

【価格】1700+税
 
ターギークルーシリーズのミディアムタイプで厚手です!
 
 
個人的にはターギーミディアムクルーとオリンパスライトクルーを使っていますが、どちらも履きやすいです!
 
どちらも履き心地という意味ではそれほど変わりませんが、確かにオリンパスの方がつま先部分とかかと部分の耐久性が強いと思います。
 
ライトかミディアムかは季節で使い分けると良いでしょう!
 
 

まとめ

靴下に1足2000円近くかけるのは高い!
 
と感じられるかもしれませんが、実際は長持ちするのでそれほど高い買い物ではないと思います!
 
是非一度試してみてください! 
 
 
ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい