運営者プロフィールはこちら
マーケティング

1分で分かる!データ・ドリブン・マーケティング!

 
こんにちは!
 
最近
データドリブン
という言葉をよく聞きます。
 
そんなデータドリブンについて詳しく学ぶために「データドリブンマーケティング」という書籍を読んでみました!
 
アマゾンCEOの愛用書だけあって読み応えがありました。
 
今日はそれをふまえた上で「データドリブンマーケティング」の概要について1分で理解できるように簡単にまとめたいと思います!!
 

結局データドリブンってなに?

 
なんか難しそうな感じがしますが、結局のところ重要なことはただ一つ。
 
ちゃんと適切なKPIを設定し、効果測定できる環境を整えて管理しろよ
 
ってこと。
 
KPIとはKey Performance Indexの略で、最終目標を達成するための中間目標的な位置づけです。
 
漠然と
「売上を上げる!」
と言っても、来客数を上げるのか顧客満足度を上げるのか、ウェブサイトのPVを上げるのかコンバージョン率を上げるのか、てこ入れするべきファクターは数え上げたらキリがありません。
 
それらのKPIを適切に設定し、しっかり効果測定できる環境を整えたら終了。
 
データドリブンマーケティング完璧です笑
 
データドリブンマーケティング」本書の中でも米国の具体的な企業の例をはさみながら、多くのKPI指標を教えてくれます。こんな感じ。
 
ただ、少し事例が古いので最近の話とかみ合わない部分も多々あり。
 
1.ブランド認知率
2.試乗(お試し)
3.解約(離反)率
4.顧客満足度
5.オファー応諾率
6.利益
7.正味現在価値(NPV)
8.内部収益率(IRR)
9.投資回収期間
10.顧客生涯価値(LTV)
11.クリック単価(CPC)
12.トランザクションコンバージョン率(TCR)
13.広告費用対効果(ROAS)
14.直帰率
15.口コミ増幅係数(WOM)
 
そしてこれらをしっかり測定できるようなインフラを整えろと言っています。
 

データドリブンになっていないことが多い!?

 
でもやはり、実際にはデータドリブンになっていないことが多すぎる。
 
インターネットなどを介したデジタルマーケティングはデータドリブンにしやすいですが、昔からあるプロモーション活動はなかなかデータドリブンにできていません。
 
また、購入を喚起するプロモーション活動は効果測定しやすいですが、ブランドイメージを醸成したり市場を形成したりするようなすぐには売上に結び付かないプロモーション活動は効果測定しにくいんですね。
 
たとえば、多くの企業で行っているCM。
多額の広告予算をかけて有名な俳優を起用して流していますが果たしてそれに見合ったリターンは得られているのでしょうか?
 
もしかしたらCMを打てば打つほど赤字を垂れ流しているという結果になっているかもしれません。
 
CMの効果測定は確かに難しいですが、CMを流す前と後でブランド認知率がどのくらい変わったかはランダムサンプリングのブランド想起インタビューで測定することができる。
 
CMを流すことでなんとなく売上が上がるっていう漠然としたものではなく、具体的などのようなKPIを観測するかを明確にした方が良いんですね!
 
まずは、効果測定が正確にできていない部分に関してある程度明確にし、改善していく必要があるでしょう!
 
具体的にどのような場面でどのようなKPIを使うべきなどは「データドリブンマーケティング」に載っているので読んでみてください!
 

ちなみに
オススメのビジネス書・自己啓発書を「厳選21冊!年間200冊読んだ中で本当におすすめできるビジネス書!」に
オススメのマーケティング本を「厳選14冊!マーケティングを学ぶ上でおすすめな本」に
まとめているので良かったらご覧ください!
ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい
関連記事はこちら