運営者プロフィールはこちら
アウトドア商品

アウトドア店員がおすすめするノースフェイスアウター/パーカー/ジャケット25選の評判とランキング!

 
こんにちは!
 
元アウトドアショップ店員のウマです!
 
どんな時でも快適で機能性が抜群なブランド!
 
ノースフェイス!!
 
マウンテンパーカー・ダウン・ジャケットを始めとして、最近ではタウンユース用のシャツ・Tシャツなど多くのアパレル商品を取り扱っています。
 
 
アウトドアブランドは他にもたくさんありますが、ノースフェイスはその中でも圧倒的におすすめ!
 
コートも持ってるんですけどやっぱり機能性・快適性を考えるとノースフェイスのマウンテンパーカーとかダウンで過ごしちゃうんですよねえー!
 
 
これでもアウトドアショップで働く前は、マウンテンパーカーも無名ブランドの安いやつだったり特にブランドにこだわりはありませんでした・・・
 
なんならノースフェイスのアウター値段高すぎだろ!!
 
とか思ってましたから笑
 
 
しかしアウトドアショップで働くようになって実際に商品に触れてみて着てみると全然暖かさや動きやすさが違うんですね!
 
これには本当に感動しました!
 
やっぱりある程度お金をかけても良いものを着たほうが良いなーと。
 
 
だからもしノースフェイスのアウターやパーカー、ジャケットなどの購入を悩んでいるならば是非良いものを選んで欲しい!
 
 
そこでこの記事ではそんなノースフェイスの魅力と特にオススメするアウター・パーカーについてご紹介します!!
 
ただオススメ商品とは言っても季節ごとに全く変わってくるので季節別に分けて紹介していきますね!!
 
 
そして最後におすすめランキングを独断と偏見で発表しちゃいます!
 
こちらに関しては季節横断にしてしまうとなかなか甲乙付け難いので冬物限定で!
 
 
ちなみに、ノースフェイスのリュック・バッグ・シューズは以下の記事で取り上げているので合わせてご覧ください!
 
 
あわせて読みたい
アウトドア店員がオススメするノースフェイスのリュック24選の評判とランキング!    こんにちは! 都内のアウトドアセレクトショップで働くウマです!   今回おすすめするのはノースフェイスのリュック・バッ...
 
あわせて読みたい
アウトドア店員がオススメするノースフェイスのブーツ・シューズ20選の評判とランキング!  こんにちは! 都内のアウトドアセレクトショップで働いてるウマです!   冬の冷え込みや夏の蒸し暑さを快適に過ごすために必要な...
 

目次

そもそもノースフェイスってどんなブランド?

 
ノースフェイスと言えば大きなブランドロゴが特徴的で、
 
見たことない!!っていう人はなかなか居ないと思います!
 
1968年にアメリカのサンフランシスコで創業し、山の奥にある征服困難なルートのことをThe North Faceと呼びそれがそのまま社名になったそうです。
 
ノースフェイスを直訳すると北の壁。なんだか北アルプスにそびえ立つ登山者泣かせの絶壁が想像できますね。
 
やはり冬用のアウターやトレッキング用のマウンテンパーカー・ジャケットが有名でしょうか。
 
創業当時はやはりトレッキングにおけるウェアやテントなどがメインでしたが・・・
 
今ではタウンユースのファッションアイテムとしても取り入れられ、冬だけでなく春夏のトレイルランニングなどでも良く用いられています。
 
 
そう、ノースフェイスはオールシーズン愛される世界でも有数のブランドなのです!
 

ノースフェイスの魅力

 
 
つづいて、世界中の人々を魅了するノースフェイスの魅力について見ていきましょう!

機能性

ノースフェイスって機能ごとにいろんな細かい名前が付いているけどあれはなんなの?
 
正直色んな細かい機能がありすぎて全部把握しようと思ったらキリがありません!
 
そこでここでは覚えておきたいオススメの機能を紹介します。
 

GORE-TEX

 
これは有名ですね!
 
世界的に有名な完全防水のGORE-TEX
 
ゴア社は、ゴム・繊維の会社ですが、このGORE-TEXのブランドで圧倒的に有名になりました。
 
外からの水の侵入は完全シャットアウトしますが、中からの水蒸気は逃がすため、完全防水だけど蒸れにくいという特徴があります。
 
非常に信頼性・機能性の高い完全防水GORE-TEXですが、これがついているとお値段はある程度高くなっちゃいますねー!
 

静電ケア設計

 
これは、静電気嫌いの僕に最高の機能!冬場になると気になるのが静電気・・・
 
ダウンとフリースとかを重ね着すると脱ぐときバチバチってなりますよね?
 
しかも冬場の金属は怖い!
触れるのも毎回静電気気にしちゃいます!
 
でもノースならその心配は不要!
 
静電ケア設計なので圧倒的に静電気が起きにくいのです!
 
とはいっても絶対に起きないわけではないので注意は必要です。
 
ちなみに静電ケア設計の仕組みについては以下の記事で詳しく紹介しているので合わせてご覧ください!
 
あわせて読みたい
静電気はもう気にならない!?ノースフェイスの静電ケア設計とは!?こんにちは! 元アウトドア店員のウマです。 昔から静電気が大嫌いで、冬になるとビクビクしながらドアの取っ手とか触ってました。 静電...

PRIMALOFT

 
アメリカでミリタリー用に開発されたダウンに代わる保温性の高い素材
 
従来のダウンでは実現できなかった圧倒的な保温性と撥水性を兼ね備えているのが特徴です。
 
非常に軽い素材で、アウターだけでなくシューズなどにも搭載されているんです!
 

光電子

 
こちらも保温性が高くなる機能ですが、PRIMALOFTとは若干違います。
 
光電子は、体の発する遠赤外線を輻射し、人体が発する自然な暖かさを増長させるというもの!
 
ユニクロのヒートテックに近いような気がしますね!
 
個人的にはこの光電子が入っているアウターはやはりかなり暖かいと思います。
 
しかし暑すぎて蒸れるということはなく、水分蒸散によってアウター内も快適に保ってくれるんです!
 
画期的なんですが、その分お値段も高くなります。
 
光電子が入っているアウターは最低でも3万円はすると考えてよいでしょう!
 

ジップインジップシステム

 
従来のアウターは自身を開閉するためのジップしか搭載していませんでしたが、ジップインジップシステムではそのジップの内側にさらにもう一つジップが付属しています!
 
これは、アウターの中にインナーとしてダウンやフリースを着るときにより快適性や保温性を高めるためにドッキングできるようにした画期的なシステム
 
これによって、薄いマウンテンパーカーもジップインジップシステムを搭載していればダウンと合わせることで、ダウンジャケットに早変わり!!
 

軽量性・動きやすさ・着心地

 
上で挙げたGORE-TEXをはじめとした様々な機能も十分ノースフェイスの魅力なのですが、他のアウトドアメーカーでもある程度実現しています。
 
しかしそれでもノースフェイスがやっぱり優れているなと思うのは、
 
軽量性と動きやすさと着心地
 
が良いからです!!!!
 
 
冬物のアウターって動きにくかったり重かったり、なんだか着心地がいまいちだったりと快適に過ごすには不満足なんですね。
 
もちろんオシャレだしそういうアウターを着る日もあっていいと思うのですが、やっぱり毎日着ると疲れちゃう。
 
ノースのアウターを一回着てしまうと、
 
毎日朝気づいたらノースのアウターに手を伸ばしている自分がいます!
 
怖い・・・笑
 
他のアウターはよしこれを着ようと意識しないとなかなか着れません。
 
ノースは日本で大人気のブランドであるため日本人に合った着丈を採用しているアウターが多いです。
 
そういう理由もあるのかもしれません。
 
他のブランドではUSサイズでの展開しかなかったり、丈が異様に長かったりします。
 

ファッション性

 
ノースフェイスの良さは何と言ってもファッション性の高さ!
 
だからこそそれほど極寒でもない日本でも流行っているのだと思っています!
 
最近では”カナダグース”というブランドが非常に人気で、町中で良く見かけますね。
 
このカナダグースも元々は極寒の地で使われるブランドでしたが、そのシルエットとファッション性の高さから日本でも火がつき、有名になりました。
 
町中で見るとやはりかっこいいなーと思いますねー!
 
ただ、カナダグースは元々のスペックだとオーバースペックであるので、日本の気候に合わせるため・シルエットを細くするためにダウンの羽毛を軽減しています。
 
そのためタウンユースのスペックとしては値段が高すぎるなーとも思っています。
 
それに比べてノースフェイスはファッション性そして機能性を兼ね備えてこの値段!
 
だからこそ日本中いや世界中から愛されるブランドなのでしょう!
 

春秋オススメ商品

 
 
だいぶ前置きが長くなってしまいましたが、早速そんなノースフェイスのオススメ商品を見ていきましょう!!
 
まずは、少し肌寒い春秋に使える少し薄手で着脱が楽なパーカーやジャケットから!
 
春秋は日中と朝晩の気温差が激しいので気軽に羽織れてコンパクトに収納できるパーカーやジャケットなどは重宝しますよね!
 

コンパクトジャケット

【価格】13000+税
 
非常に安価タイプのノースのシェルジャケット。
 
撥水性は強いですが、保温性はほとんどありません
 
もちろんGORE-TEXも入っていません。なので本当に簡易的なマウンテンパーカーという感じです。
 
収納可能な袋もついていてめちゃくちゃ軽いので登山などで急な雨対策に1着持っておいてもよいと思います。
 

ドットショット

【価格】20000+税
 
ノースフェイスのマウンテンパーカーの中でもお手頃なライン。
 
コンパクトジャケットよりもしっかりした生地感で耐久性は強く防水性も強いですが、基本的に雨風をしのいだりするためのマウンテンパーカーで、保温性はそれほど高くありません。
 
春先秋口から着れるアウターですが逆に真冬はこの下にダウンなどを着こまないと寒いでしょう。
 
コンパクトジャケット同様に登山などに一着持っていると重宝します!
 
カラー・デザインも豊富で、普段使いに着ている人が多いイメージです。
 
ノースフェイスを着たことがない方はここらへんの商品から入ると良いかもしれません!
 

リアビューフルジップフーディー

【価格】12000+税
 
ノースフェイスの定番のフリースパーカー。
 
非常に着心地が良くて暖かいパーカーです。
 
アウターのインナーとしても活躍するし、春秋も着られるので1着持っていると良いと思います。
 
個人的にはカモ柄がオシャレ!
 
フードにノースフェイスのロゴが大きく入っていますよー。
 
僕はグレーのカモ柄を持っていて重宝しています。
 

デイトゥーデイスウェットフーディ

【価格】12000+税
 
肌触りの良いスウェット生地のパーカーです!
 
こちらはフロントジッパーがついていないタイプで、先ほどのリアビューカモフリースフーディーよりもノースフェイスロゴの強調が強くありません。
 
静電ケア設計もついています。
 

エニータイムウィンドスタジアムジャケット

【価格】9800+税
 
ノースフェイスの展開するスタジアムジャケットです。
 
ノースフェイスというとマウンテンパーカーやごっついアウトドアアウターのイメージですが、こういうカジュアルに着こなせるアパレルも出しているんですね。
 
ノースのロゴがワンポイントでかわいいですね。
 
ノースフェイス特有の暖かさは期待できませんがお値段はお手頃なので、1着持っていても良いかもしれません。
 

ロールパックジャーニーズコート

 
【価格】22000+税
 
なんとジャケットがロールトップのようにくるくるまとめられる画期的なコート!
 
付属のスタッフサックにまとめて収納するタイプが普通だと思いますが、こちらのタイプはまとめていってフードで覆って収納する珍しいタイプです。
 
なのでわざわざスタッフサックを持ち歩く必要がなくこれ1枚で好きな時に収納できます。非常に便利ですね!
 
長めの丈の薄手ロングコートで春・秋のスタイルにぴったり!
 
表面のナイロンはヴインテージ加工を施しており、自然なシワ感が特徴的です。
そのため、無造作に収納してもシワが気になりません!これ最高ですね!
 
フードは取り外し可能なので様々なスタイルで着こなすことが可能。
 
ちょっとした気温の変化で着脱できる上にカジュアルな服と合わせやすい非常におすすめのコートです!
 

グローブトレッカージャケット

【価格】19000+税
 
こちらもロールパックジャーニーズコートと同様にヴインテージ加工のシワ感を実現しているジャケット
 
丈は短くスッキリした仕上がりになっています。
 
フードが収納できるので様々なスタイルで着こなすことが可能!
 
撥水性が高く突然の雨もしのげます。
 
またスタッフサックがついているので簡単にまとめて収納することができるので非常に便利!
シワ感が最初からあるので乱雑に収納しても問題ありません!!
 

スクープジャケット

【価格】29000+税
 
ドットショットより耐水性・保温性の増したラインです。
 
ノースフェイス特有のジップインジップシステムを採用しているため、インナーにフリースやダウンをドッキングすることが可能です。
 
少しお値段は高くなりますが、ドットショットよりスクープジャケットの方が汎用性が高く、より長持ちします。
 

冬オススメ商品

 
続いて、寒い寒い冬を乗り切るためのオススメアウターのご紹介です!
 
ノースフェイスの高機能アウターで極寒の冬も乗り切りましょう!
 
ここからのラインナップは冬用のため、少し値段が上がってしまいます!
 

サンダージャケット

【価格】27000+税
 
めちゃめちゃ暖かいインナーダウンジャケットです。
 
PRIMALOFTと光電子を採用しているのでとにかく暖かいです。
 
ジップインジップシステムを搭載しているアウターと合わせることで快適な暖かさを実現することができます。
 

ジップインバーサミッドジャケット

【価格】25000+税
 
個人的には、サンダージャケットは暖かいですが単体でアウターとしては使えないと思っています。
 
合わせるのが上手くないのかもしれませんがダウン単体を普段の服装のアウターとして合わせるのがなかなか難しい・・・
 
一方こちらのジップインバーサミッドジャケットはフリース素材でマウンテンパーカーのインナーとしても単一のアウターとしても使える優れもの!
 
PRIMALOFTと同程度の保温性を持つPOLARTECを搭載しているのでめちゃくちゃ暖かいです!
 
サイズ感は少し小さめで、特に胸周りが細身です。
 
インナーとして使う分にはそれほどサイズは気にならないかもしれませんが、しっかり前面をジップで閉じるような状況だときついです。
 

ヌプシジャケット

【価格】32000+税
 
シューズも人気なヌプシシリーズです。
 
非常に暖かい600フィルの中綿を用いてます。
 
保温性に非常に優れるのでこれでどんな寒さもしのげるはず!
 

ヌプシベスト

【価格】27000+税
 
ヌプシジャケットの機能を取り入れたダウンジャケットです!
 
ヌプシジャケットと同様に600フィルの中綿を用いているので保温性に非常に優れています。
 
インナーと合わせることで様々なスタイリングができるので好みに合わせてご購入されると良いでしょう!
 

キャンプシェラショート

【価格】44000+税
 
こちらもヌプシジャケットと同様に600フィルの中綿を用いているので非常に暖かい!
 
腕に刺繍されたワンポイントロゴがオシャレです!
 
デザインはこちらの方が好きですが、それほど暖かさは変わらないので、ヌプシジャケットでも良いでしょう!
 

キャンプシェラベスト

【価格】34000+税
 
キャンプシェラショートのベストタイプです。
 
非常に着心地が良くて暖かい。
 
デザインも良いしシルエットもよいですね!
 
ノースの商品でベストタイプのダウンジャケットを持っていなかったので今非常に欲しいなと思っている商品です!
 

ゼウストリクライメートジャケット

【価格】42000+税
 
インナーとジップインジップ搭載アウターのセットで展開するラインです。
 
マウンテンパーカーとインナーを別々に買うことを考えている人はこちらを購入したほうがお得かと思います。
 
インナーのスペックはスクープジャケットと同程度。そのため、アウターだけ着れば春秋にも対応可能!
 
ダウンと一緒に着込むことで最強の暖かさと快適性を実現します!
 

グレーストリクライメイトジャケット

【価格】40000+税
 
こちらもゼウストリクライメートジャケットの仲間で、こちらもジップインジップシステム搭載のアウターとインナーダウンのセット販売です。
 
こちらは、アウターのマウンテンパーカーにファーが付いていて取り外し可能なので好みで取り外しするとよいと思います。
 
ゼウスもグレースも機能性や着心地・サイズ感はほとんど変わりません。
 
見た目ですが個人的には全体のデザインやポケットのレイアウトはシンプルなゼウストリクライメイトジャケットの方が好きです。
 
しかし、ファー付きのグレーストリクライメイトジャケットも非常にかっこよいので捨てがたい!
 

マウンテンジャケット

【価格】48000+税
 
ここからは5万を超える高額商品になります。
 
ダウンジャケットに比べると暖かさには劣りますが、GORE-TEXを採用しているため完全防水で、どんな天候でも活躍する一着です。
 
ジップインジップ仕様なので、暖かさが気になる方は、ダウンインナーを取り入れると良いでしょう!
 

マクマードパーカダウンジャケット

【価格】56000+税
 
南極にある米軍基地マグマードでの使用を想定したマグマードパーカダウンジャケット。
 
その保温性はオーバースペックじゃないかと思えるほどです。
 
ファー付きジャケットなのでグレーストリクライメイトと被りますが、マグマードの方が丈が長く全体としてもサイズ感が大きくなっています。
 
イメージ的には最近流行りのカナダグースに近いデザインと機能性です。
 
カナダグースの値段を考えるとコスパは良いのかなーと思います。
 

バルトロライトジャケット

【価格】54000+税
 
最強の保温性を持つ定番アウターです。
 
中綿には光電子を用いていてとにかく暖かい
 
そしてGORE社の耐風性の高いWINDSTOPPERを用いているの風はほとんど通さない
 
これ一枚あればどんな寒いところでも耐えきれると思います。
 
マクマードよりもこちらのほうが保温性が高いですが、どちらも日本レベルの気候でのタウンユースではそれほど違いは出ないので、ビジュアルで決めるのが良いと思います。
 
スーツに合わせたり、革靴を履いたり、タイトなパンツを履いたりフォーマルな着こなしに合わせるときはマクマード。
 
キャップをかぶったり、スニーカーを履いたり、余裕のあるシルエットのあるパンツと合わせるときはバルトロライトが良いと思います。
 
ちなみにサイズ感はバルトロライトはそれほど大きくないのでマクマードよりワンサイズ大きめが良いと思います。バルトロライト
 

スカイスクレーパーコート

【価格】58000+税
 
ヒップを覆う着丈の最高級ダウンコートです。
 
中綿には光電子を採用しているので保温性は非常に高いです。
 
また、襟も高めに設計しているので首元も暖かいです。
 
ノースフェイスのアウターはあまり着丈の長いものが存在しないので希少ですね。
 
保温性はここまでくるとそれほど変わらないのでどれだけ自分のファッションに合っているかの問題になってくると思います。
 

マウンテンダウンジャケット

【価格】60000+税
 
マウンテンジャケットにダウン素材が入って保温性も実現したタイプです。
 
バルトロライトやマクマードの暖かさ+GORE-TEXと考えていただければ良いと思います。
 
やっぱりGOREが入っているとかなり高額になりますが、ハイスペックであることには間違いありませんどんな場所でもどんな天候でもどんなシーンでも間違いなく活躍する1着です。
 
今年非常に人気でお問い合わせの多い商品です。
 
肩回りの他とは違った素材になっています。これは、リュックなどを背負うときに負担がかからないような工夫!
 

ウィンドストッパーブルックスレンジパーカー

【価格】72000+税
 
とにかく最高級のダウンアウターです。
 
光電子ダウンをたっぷり封入した中綿とGORE社の耐風性の高いWINDSTOPPERを2層構造で作り上げられた寒さに対して最強のスペックを誇るアウターです。
 
これ1着あればどんな冬でも乗り越えられますね!
 

夏オススメ商品

 
 
ノースフェイスのTシャツは伸縮性に優れており動きやすく、速乾性なので快適です。
 
TシャツのサイズはUSサイズなどということはなく基本的には丈も短めです。
他のブランドで着ているサイズ感と同じで良いでしょう!
 

TNF スクエアロゴティー

【価格】3900+税 
 
静電設計・UVカットを施されているポリエステル100%素材を用いていて、非常に着心地が’良いです。
 
デザインもロゴが小さく強調されていないため他の服と合わせやすいでしょう! 
 

ショートスリーブカラードームティー

【価格】4200+税
 
毎年の定番Tシャツで、年ごとに若干カラーのマイナーチェンジがあります。
気に入ったカラーは翌年には廃盤になってしまう可能性があるので注意しましょう。
 
こちらもポリエステル100%で非常に快適な着心地です。通気性も良く乾くも早いので真夏にもってこいです。
 
さきほどのスクエアロゴティーよりは若干丈が短めで肩回りが大きめです。
 
ノースフェイスのロゴが大きく全面に出ています。また袖にワンポイントで赤のロゴが入っているのも特徴的なデザインです!
 

フェイドカモフラージュロゴティー

【価格】3900+税
 
素材や着丈はスクエアロゴティーと一緒でデザインが違います。
 
カモ柄のデザインは可愛くておしゃれですね!
 

ショートスリーブカモフラージュロゴティー

【価格】4200+税
 
こちらはカラードームティーのカモ柄バージョンです。
 
 

冬商品のオススメランキングTOP5

 
 
ここで紹介した商品はどれもオススメであることに間違いはないのですが、これらの中でも特にオススメする商品をランキング形式でご紹介します!
 
ノースフェイスを購入するのが初めての人目線でのランキングなので、もうすでに何着かノースフェイスを持っている方は違うランキングになるかもしれません!
 
またこのランキングは冬物限定になります。
 
ご容赦ください!
 

5位 マウンテンダウンジャケット

【価格】60000+税
 
とりあえず暖かいし、GORE-TEXがついているのは魅力的ですね!
 
どんなシーンでも活躍してくれる1着であり、魅力的ですが、やはりこの値段は若干高いかなーと思ってしまいます。
 
もう少し安めのGORE-TEXマウンテンパーカーとダウンをドッキングさせたほうが良いかなとも思ってしまいます。
 

4位 ジップインバーサミッドジャケット

【価格】25000+税
 
暖かいし、着心地も良いし、アウターでもインナーでも着れることが高評価です。
 
他のジップインジップシステム搭載のアウターと一緒に購入すると良いと思います。
 

3位 バルトロライトジャケット

【価格】54000+税
 
光電子&GORE社の耐風性の高いWINDSTOPPER&大量の中綿で本当に暖かい!そして軽い!
 
ノースフェイスの名作です!
 
これだけ暖かいダウンにもかかわらず、着丈やシルエットが現代のトレンドをおさえています!
 
機能性はもちろんですが、そのデザイン性の高さが人気たるゆえんでしょう!
 
とにかくめちゃめちゃ暖かいし、他のマウンテンパーカーとは違うシルエットなので違いが楽しめると思います。
 
ストリート系・アメカジ系で着こなすことができると思います。
 
 

downeyさん(@kubo9501)がシェアした投稿

カモ柄は少し値段が高くなりますが人気です!キャップと合わせたり、少しタイトめなパンツと合わせるとかっこいいですね!
 

2位 グレーストリクライメイトジャケット

【価格】40000+税
 
ジップインジップシステムで寒さに対応して暖かさを変えられるのが高評価です。
 
マクマードと同じような見た目ですが、こちらのほうが丈が短くサイズ感が小さめです。
 
またマクマードの方が最近のトレンドにあったシルエットを実現しています。
 
マクマードもかっこいいし機能性高いですが、こちらのほうがコスパが良いと思うし、長いシーズン着れる優れものだと思います
 
ファーが取り外し可能なのでその時その時の気分で見た目を変えることができます!
 
 
個人的にはネイビーのカラーがオススメです!!
 

1位 ゼウストリクライメートジャケット

【価格】42000+税
 
値段と機能性のコスパを考えるとこちらのゼウストリクライメートジャケットが一番かなと思います。
 
マウンテンダウンジャケットやバルトロライトジャケットなど高額商品のアウターほど暖かくはないですが、インナーダウンとドッキングすれば、東京の真冬レベルは問題なく過ごせます。
 
フリースなどとドッキングすることも可能だし、単体でマウンテンパーカーだけ着れば春秋まで着ることが可能です
 
逆に面白みはないかもしれませんが、一番汎用性が高くて使いやすいこちらの商品を1位にランクインさせました!
 
同じくグレーストリクライメートジャケットも良いですが、好みの問題でこちらが1位。
 
 
カラーが豊富で、毎年カラーラインナップは変わるので気に入ったカラーがあれば購入することをおすすめします。
 
カモ柄などは非常に人気があるので早めに売り切れてしまうことも・・・
 
黒地に白ロゴや赤ロゴのタイプは他のマウンテンパーカーにもあるカラーリングなので良く被ります。
 
個人的にはグレーカラーもしくは今年のカラーだとコズミックブルーなどがおすすめです!
 
ノースフェイスを購入するのが初めての方にはこちらのゼウストリクライメートジャケットとグレーストリクライメイトジャケットをはじめとするジップインジップシステム搭載のトリクライメイトジャケット系をおすすめします!
 
しかし、これらのアウターをもう既に持っていて、もっと保温性の高いアウターが欲しい場合はバルトロライトジャケットやマウンテンダウンジャケットをおすすめします!
 
ちなみにトリクライメイトジャケット系に関してはこちらの記事で詳しくご紹介していますので合わせてご覧ください!
 
あわせて読みたい
ノースフェイスのトリクライメイトジャケットの魅力をレビュー!こんにちは! 元アウトドア店員のウマです。 冬が近づき寒くなってくると、ダウンジャケットが愛しくなってきます。 しかし、ダウンジャ...
 

まとめ

 
 
いかがだったでしょうか!
 
ランキングは私的偏見が入っているかもしれませんがアウトドア店員としてオススメできる商品を挙げました。
 
オールシーズン、ノースフェイスを着て快適に過ごしましょう!

 

 
 
ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい
関連記事はこちら