アウトドアショップ店員がノースフェイスの展開する最強におすすめのアウター・ジャケットをご紹介します。
ノースフェイスの魅力をお伝えした後、オススメ商品の紹介と完全な私的ランキングTOP5を発表します!
 
 
こんにちは!
寒い冬に必須なアウター!
コートも持ってるんですけどやっぱり機能性快適性を考えるとマウンテンパーカーとかダウンで過ごしちゃいます!
 
個人的にマウンテンパーカー・ダウンで圧倒的におすすめなのはノースフェイス!!
そこで今日はそんなノースフェイスの魅力と特におすすめする商品についてご紹介します!!
 

ノースフェイスの魅力

 
 

機能性

ノースフェイスって機能ごとにいろんな細かい名前が付いているけどあれはなんなの?
正直色んな細かい機能がありすぎて全部把握しようと思ったらキリがありません!そこでここでは覚えておきたいオススメの機能を紹介します。
 

GORE-TEX

(出典:Goldwin HP)
 
これは有名だと思います。世界的に有名な完全防水のGORE-TEX!
ゴア社は、ゴム・繊維の会社ですが、このGORE-TEXのブランドで圧倒的に有名になりました。
外からの水の侵入は完全シャットアウトしますが、中からの水蒸気は逃がすため、完全防水だけど蒸れにくいという特徴があります。
非常に信頼性・機能性の高い完全防水GORE-TEXですが、これがついているとお値段はある程度高くなっちゃいますねー!
 

静電ケア設計

(出典:Goldwin HP)
 
これは、静電気嫌いの僕に最高の機能!冬場になると気になるのが静電気・・・
ダウンとフリースとかを重ね着すると脱ぐときバチバチってなりますよね?
しかも冬場の金属は怖い!触れるのも毎回静電気気にしちゃいます!
でもノースならその心配は不要!静電ケア設計なので圧倒的に静電気が起きにくいです!
とはいっても絶対に起きないわけではないので注意は必要です。
 

PRIMALOFT

(出典:Goldwin HP)
 
アメリカでミリタリー用に開発されたダウンに代わる保温性の高い素材です。
従来のダウンでは実現できなかった圧倒的な保温性と撥水性を兼ね備えているのが特徴です。
 

光電子

(出典:Goldwin HP)
 
こちらも保温性が高くなる機能ですが、PRIMALOFTとは若干違います。
光電子は、体の発する遠赤外線を輻射し、人体が発する自然な暖かさを増長させるというものだそう!
ユニクロのヒートテックに近いような気がしますね!個人的にはこの光電子が入っているアウターはやはりかなり暖かいと思います。
その分お値段も高くなります。
 

ジップインジップシステム

(出典:Goldwin HP)
 
従来のアウターは自身を開閉するためのジップしか搭載していませんでしたが、ジップインジップシステムではそのジップの内側にさらにもう一つジップが付属しています。これは、アウターの中にインナーとしてダウンやフリースを着るときにより快適性や保温性を高めるためにドッキングできるようにした画期的なシステムです。
これによって、薄いマウンテンパーカーもジップインジップシステムを搭載していればダウンと合わせることで、ダウンジャケットに早変わり!!
 

軽量性・動きやすさ・着心地

 
上で挙げたGORE-TEXをはじめとした様々な機能も十分ノースフェイスの魅力なのですが、他のアウトドアメーカーでもある程度実現しているところはあります。
その中でもノースフェイスが優れているなと思うのは、軽量性と動きやすさと着心地の良さです!!!!
冬物のアウターって動きにくかったり重かったり、なんだか着心地がいまいちだったりと快適に過ごすには不満足なんですね。
もちろんオシャレだしそういうアウターを着る日もあっていいと思うのですが、やっぱり毎日着ると疲れちゃう。
ノースのアウターを一回着てしまうと、毎日朝気づいたらノースのアウターに手を伸ばしている自分がいます。
他のアウターはよしこれを着ようと意識しないとなかなか着れません。
ノースは日本で大人気のブランドであるため日本人に合った着丈を採用しているアウターが多いです。そういう理由もあるのかもしれません。
他のブランドではUSサイズでの展開しかなかったり、丈が異様に長かったりします。
 

ファッション性

 
ノースフェイスの良さは何と言ってもこのファッション性の高さ!だからこそそれほど極寒でもない日本でも流行っているのだと思っています!
最近では”カナダグース”というブランドが非常に人気で、町中で良く見かけますね。
このカナダグースも元々は極寒の地で使われるブランドでしたが、そのシルエットとファッション性の高さから日本でも火がつき、有名になりました。
町中で見るとやはりかっこいいなーと思いますねー!
ただ、カナダグースは元々のスペックだとオーバースペックであるので、日本の気候に合わせるため・シルエットを細くするためにダウンの羽毛を軽減しています。
そのためタウンユースのスペックとしては値段が高すぎるなーとも思っています。
それに比べてノースフェイスはファッション性そして機能性を兼ね備えてこの値段!だからこそ日本中いや世界中から愛されるブランドなのでしょう!
 

オススメ商品

 
 

コンパクトジャケット

【価格】13000+税
非常に安価タイプのノースのシェルジャケットです。撥水性は強いですが、保温性はほとんどありません。
収納可能な袋もついているので登山などで急な雨対策に1着持っておいてもよいと思います。
 

ドットショット

【価格】20000+税
ノースフェイスのマウンテンパーカーの中でもお手頃なラインです。
コンパクトジャケットよりもしっかりした生地感で耐久性は強く防水性も強いですが、基本的に雨風をしのいだりするためのマウンテンパーカーで、保温性はそれほど高くありません。
春先秋口から着れるアウターですが逆に真冬はこの下にダウンなどを着こまないと寒いでしょう。コンパクトジャケット同様に登山などに一着持っていると重宝します!
カラー・デザインも豊富で、オシャレに着ている人が多いイメージです。
ノースフェイスを着たことがない方はこちらの商品から入ると良いかもしれません!
 

リアビューカモフリースフーディー

【価格】12000+税
ノースフェイスの定番のフリースパーカーです。
非常に着心地が良くて暖かいパーカーです。アウターのインナーとしても活躍するし、春秋も着られるので1着持っていると良いと思います。個人的にはデザイン的にカモ柄が良いと思ってます。僕は海外限定のグレーのカモ柄を持っていて重宝しています。
 

エニータイムウィンドスタジアムジャケット

【価格】9800+税
ノースフェイスの展開するスタジアムジャケットです。
ノースフェイスというとマウンテンパーカーやごっついアウトドアアウターのイメージですが、こういうカジュアルに着こなせるアパレルも出しているんですね。ノースのロゴがワンポイントでかわいいですね。ノースフェイス特有の暖かさは期待できませんがお値段はお手頃なので、1着持っていても良いかもしれません。
 

スクープジャケット

【価格】29000+税
ドットショットより耐水性・保温性の増したラインです。
ノースフェイス特有のジップインジップシステムを採用しているため、インナーにフリースやダウンをドッキングすることが可能です。
少しお値段は高くなりますが、ドットショットよりスクープジャケットの方が汎用性が高く、より長持ちすると思います。
 

サンダージャケット

【価格】27000+税
めちゃめちゃ暖かいインナーダウンジャケットです。PRIMALOFTと光電子を採用しているのでとにかく暖かいです。ジップインジップシステムを搭載しているアウターと合わせることで快適な暖かさを実現することができます。
 

スーパーバーサロフトジャケット

【価格】25000+税
個人的にはサンダージャケットは暖かいですが、単体でアウターとしては使えないと思っています。合わせるのが上手くないのかもしれませんがダウン単体を合わせるのがなかなか難しい・・・一方こちらのスパーバーサロフトジャケットはフリース素材でマウンテンパーカーのインナーとしても単一のアウターとしても使える優れもの!PRIMALOFTと同程度の保温性を持つPOLARTECを搭載しています。
 

ヌプシジャケット

 
【価格】32000+税
シューズも人気なヌプシシリーズです。非常に暖かい600フィルの中綿を用いてます。
断熱性に非常に優れるのでこれでどんな寒さもしのげるはず!
 

キャンプシェラベスト

【価格】34000+税
非常に着心地が良くて暖かいみたいです。デザインも良いしシルエットもよさそう!
ノースの商品でベストタイプのダウンジャケットを持っていなかったので今非常に欲しいなと思っている商品です!
 

ゼウストリクライメートジャケット

【価格】42000+税
インナーとジップインジップ搭載アウターのセットで展開するラインです。マウンテンパーカーとインナーを別々に買うことを考えている人はこちらを購入したほうがお得かと思います。インナーのスペックはスクープジャケットと同程度だと思います。ダウンと一緒に着込むことで最強の暖かさと快適性を実現します!
 

グレーストリクライメイトジャケット

【価格】40000+税
こちらもゼウストリクライメートジャケットの仲間で、こちらもジップインジップシステム搭載のアウターとインナーダウンのセット販売です。
こちらは、アウターのマウンテンパーカーにファーが付いていて取り外し可能なので好みで取り外しするとよいと思います。
ゼウスもグレースも機能性や着心地・サイズ感はほとんど変わりません。
見た目ですが個人的には全体のデザインやポケットのレイアウトはシンプルなゼウストリクライメイトジャケットの方が好きです。しかし、ファー付きのグレーストリクライメイトジャケットも非常にかっこよいので捨てがたい!
 

マウンテンジャケット

 
【価格】48000+税
ここからは5万を超える高額商品になります。
ダウンジャケットに比べると暖かさには劣りますが、GORE-TEXを採用しているため完全防水で、どんな天候でも活躍する一着です。ジップインジップ仕様なので、暖かさが気になる方は、ダウンインナーを取り入れると良いでしょう!
 

マクマードパーカダウンジャケット

【価格】56000+税
南極にある米軍基地マグマードでの使用を想定したマグマードパーカダウンジャケット。
その保温性はオーバースペックじゃないかと思えるほどです。ファー付きジャケットなのでグレーストリクライメイトと被りますが、マグマードの方が丈が長く全体としてもサイズ感が大きくなっています。
イメージ的には最近流行りのカナダグースに近いデザインと機能性です。カナダグースの値段を考えるとコスパは良いのかなーと思います。
 

バルトロライトジャケット

【価格】54000+税
最強の保温性を持つアウターです。中綿には光電子を用いていてとにかく暖かい。
これ一枚あればどんな寒いところでも耐えきれると思います。マクマードよりもこちらのほうが保温性が高いと思いますが、どちらも日本レベルの気候でのタウンユースではそれほど違いは出ないので、ビジュアルで決めるのが良いと思います。
スーツに合わせたり、革靴を履いたり、タイトなパンツを履いたりフォーマルな着こなしに合わせるときはマクマード。
キャップをかぶったり、スニーカーを履いたり、余裕のあるシルエットのあるパンツと合わせるときはバルトロライトが良いと思います。
ちなみにサイズ感はバルトロライトはそれほど大きくないのでマクマードよりワンサイズ大きめが良いと思います。
 

マウンテンダウンジャケット

【価格】60000+税
今までご紹介した商品の中で一番高額ですね!バルトロライトやマクマードの暖かさ+GORE-TEXと考えていただければ良いと思います。
やっぱりGOREが入っているとかなり高額になりますが、ハイスペックであることには間違いありませんどんな場所でもどんな天候でもどんなシーンでも間違いなく活躍する1着です。肩回りの他とは違った素材がワンポイントでかっこいいですね!
 
 

ランキングTOP5

 
 
ここで紹介した商品はどれもオススメであることに間違いはないのですが、これらの中でも特にオススメする商品をランキング形式でご紹介します!
 

5位 マウンテンダウンジャケット

【価格】60000+税
とりあえず暖かいし、GORE-TEXがついているのは魅力的ですね!
どんなシーンでも活躍してくれる1着であり、魅力的ですが、やはりこの値段は若干高いかなーと思ってしまいます。
ここでは紹介していませんが、もう少し安めのGORE-TEXマウンテンパーカーとダウンをドッキングさせたほうが良いかなとも思ってしまいます。
 

4位 スーパーバーサロフトジャケット

【価格】25000+税
暖かいし、着心地も良いし、アウターでもインナーでも着れることが高評価です。
他のジップインジップシステム搭載のアウターと一緒に購入すると良いと思います。
 

3位 バルトロライトジャケット

【価格】54000+税
とにかくめちゃめちゃ暖かいし、他のマウンテンパーカーとは違うシルエットなので違いが楽しめると思います。
ストリート系・アメカジ系で着こなすことができると思います。
ただ、コンパクトに収納することはできないのが難点です。暖かいからしょうがないんですけど。
 

2位 グレーストリクライメイトジャケット

【価格】40000+税
ジップインジップシステムで寒さに対応して暖かさを変えられるのが高評価です。マクマードと同じようなシルエットですが、こちらのほうが丈が短くサイズ感を小さめです。マグマードもかっこいいし機能性高いですが、こちらのほうがコスパが良いと思うし、長いシーズン着れる優れものだと思います。
 

1位 ゼウストリクライメートジャケット

【価格】42000+税
値段と機能性のコスパを考えるとこちらのゼウストリクライメートジャケットが一番かなと思います。
インナーダウン付きなので合わせれば、マクマードやバルトロライト並みの暖かさを実現できるし、フリースなどとドッキングすることも可能だし、単体でマウンテンパーカーだけ着れば春秋まで着ることが可能です。
逆に面白みはないかもしれませんが、一番汎用性が高くて使いやすいこちらの商品を1位にランクインさせました!
同じくグレーストリクライメートジャケットも良いですが、好みの問題でこちらが1位。
 
 

まとめ

 
いかがだったでしょうか。ランキングは私的偏見が入っているかもしれませんがアウトドア店員としてオススメできる商品を挙げました。
ノースフェイスをヘビロテしてこの冬も乗り切りましょう!!!