こんにちは!
最近フィリップ・コトラー氏からマーケティング4.0が提唱されましたが、マーケティング4.0とは一体どんなものなのでしょうか?
 
 

マーケティングの歴史

 
コトラーは時の流れと共にマーケティングのあり方も変わってきていると言います。
これらのマーケティングの流れはマズローの欲求5段階とも対応させることができます。
具体的に見ていきましょう。
 

マーケティング1.0

製品主義。作った製品をどのように市場に浸透させるか。
それを考えるのがマーケティング1.0です。
フレームワークとしては、4P・3Cなどが含まれるでしょう。
マズローの欲求5段階でいうと、安全欲求が満たされていない社会に通用するマーケティングだと言えるでしょう。
この段階では、顧客の生活に必要とされるものは多くの場合顕在化されているので、それをいかに大量生産し広告予算をかけ、顧客に買ってもらうかを考えます。
 

マーケティング2.0

モノが少ない時は作れば売れたが、この段階では多くのモノが市場に溢れており、作ったら売れるという訳ではない。
顧客の潜在的なニーズを見つけ出し、その顧客にいかに刺さるモノを作れるかがポイントです。顧客主義です。
フレームワークとしては、STP分析やペルソナ分析などが含まれるでしょう。
マズローの欲求5段階でいうと、安全欲求は十分満たされているが、社会的欲求が十分満たされていない社会に有用なマーケティングだと言えるでしょう。
 

マーケティング3.0

もちろん顧客主義のマーケティング2.0は重要です。しかし、それだけでは顧客の満足度を最大まで引き上げることはできません。
コトラーはマーケティング3.0を価値主導のマーケティングとして定義しています。
これだけだと抽象的でよくわからないですが、要はこの段階では、企業は顧客一人一人に向き合うと共に、社会という大きなコミュニティや環境に対しても影響力を与えるような行動を取らなくてはならないというコトです。
マズローの欲求5段階でいうと、尊敬欲求を満たされていない社会に有用なマーケティングだと言えるでしょう。
例えば、CSRなどの活動を通して環境に対して良い影響を与える活動をする。
すると、その企業の製品を使っている人に対しても環境に良い印象が与えられるので尊敬欲求を欲する人は顧客になります。
トヨタのプリウスは環境に優しいイメージから海外のハリウッドスターが使い始め、一般人まで浸透しました。
また、相互に評価やコメントなどができるプラットフォームをコミュニティに対して作る。
すると、顧客は口コミやコメントを通してお互いの情報を共有し、価値の連鎖が始まる他、お互いの尊敬欲求を満たすことにも繋がります。
このように現代で非常に有用で多くの場で使われているマーケティング3.0ですが、直接的に利益をうむわけではないので、効果測定などが非常に難しく、現段階でマーケティング3.0に達している日本企業は少ないと言われています。
 

マーケティング4.0

正直、マーケティング4.0は難しい。マーケティング3.0の拡充と考えて良いでしょう。
前回のマーケティング3.0の提唱が2010年ですから、10年を経たずにのアップデートとなりました。
マズローの欲求5段階で考えると、マーケティング3.0は尊敬欲求の充足が目的でしたが、マーケティング4.0になるとさらに高位の自己実現欲求の充足が目的になります。
顧客は尊敬欲求を満たすだけの製品では満足できなくなってきました。より自分の自己を満たしてくれる体験などを求めるというのです。
そのため企業としては顧客に感動や驚きを与える体験や経験をしてもらうことが目的となります。
その過程で、まずは従業員の自己実現欲求を満たすような行動が必要だと言います。企業に関わる全てのステークホルダーの自己実現欲求を満たすような行動が必要なのです。
ちなみにアメリカのザッポスという企業はマーケティング4.0を実現している素晴らしい企業の一つだと思っています。
 
いかがだったでしょうか。正直マーケティング4.0に関しては提唱されたばかりでまだまだ詳しくわからないことが多いですが、今後マーケティングのスタンダードになっていくことは間違い無いでしょう。
ちなみにマーケティング1.0~4.0はさらに必要なマーケティングの考え方が増えていくというイメージで古いマーケティング手法が全くいらなくなる訳ではありません。
マーケティングのあり方が2.0で止まってるとされる日本の企業の多くはいかにしてマーケティング3.0を充実させるかが必須課題となります。
 
 

コトラーのマーケティングを勉強する上でおすすめな本

コトラーのマーケティングをより詳しく勉強する上でおすすめできる本をご紹介します。
 

■コトラーのマーケティング戦略54

この本は、見開き1ページにマーケティングの1手法が紹介されており、非常に簡潔にわかりやすくまとまっています。
3C・4P・SWOT分析など有名な手法から、マーケティング3.0まで扱っています。
これ1冊で一通りマーケティング手法は学べるので、初めての学習にも簡単な頭の整理にも重宝します!
マーケティングのエッセンスが詰まっている本です
 
 

■コトラーのマーケティング3.0

先ほどの本を読んで最近のマーケティング3.0についてより詳しく知りたければこちらを読むと良いでしょう。
 
 

■コトラーのマーケティング4.0

最近提唱されたマーケティング4.0を詳しく知りたい方はこちらを読むと良いでしょう。