アメリカ発祥のブランドであるChrome(クローム)がなぜ今人気なのか秘密に迫ります。そして、特徴的なバッグ・リュックをいくつかご紹介し、その中で本当におすすめできるChrome(クローム)のバッグ・リュックを5つランキング形式でお伝えします!
 
 
 
 

はじめに

先日はミステリーランチのおすすめリュック・バッグをご紹介しました!
 
今回は、それに引き続き最高におすすめのバッグブランドであるChrome(クローム)からおすすめのバッグをご紹介したいと思います!そして個人的な評価と評判を合わせて総合的に判断し、ランキングにします!
 

Chrome(クローム)とは

 
 
クロームは自転車やスケートボードで移動する人に向けて作られたバッグブランドです。
 
自転車に乗っていない時でも使えるバッグを作る為に、今から約20年前にJUKIのミシンと少量のコーデュラ、ミリタリーグレードのトラックタープを使い、最初のCHROMEバッグが製作された。シンプルかつ実用性を追い求めた結果、CHROMEはメッセンジャーバッグに、再利用したシートベルトバックルを採用するという答えに辿り着いた。革新的なクイックリリースバックル、サブストラップ、デュアルウォール構造、ファイブバーウェビングなどを搭載し、世界中のメッセンジャーに愛用されるプロダクトへと成長。ブランド誕生から20年が経過したが、プロのメッセンジャーやピストバイクでトリックを楽しむアーバンアスリート、自転車で通勤するクリエイティブな都市生活者のために、便利で耐久性のあるプロダクトを作るという決意に迷いは一切存在しない。
 
非常に機能的で他のブランドにはない特徴のあるバッグが多いです。
 
使いやすく耐久性や防水性も非常に高く、都会でのシーンから登山や旅行などのシーンまで幅広く使うことができます!
 
 

なぜ今クロームが人気なのか

 
 
数年前までそれほど見かけることはなかったクロームがなぜ今ここまで人気なのか。
その理由は3つあると思っています。
 

クロームのすごいところ其の一:奇抜で特徴的なデザイン

 
まず一つ目の良さはそのスタイリッシュなデザイン!
 
普通だったらあんまりないようなデザインのリュック・バッグが多いんです!!
 
例えばこれとか!
 

 
この写真はYALTA(ヤルタ)というバッグで、非常に珍しいタイプのリュックです。
メインコンパートメントがロールトップになっていて、完全に水が入ってこない仕様になっています。
 
このロールトップは完全防水を実現したクロームの特徴的な機能です。
他のブランドでもロールトップバッグは出てきていますが、やはり昔からロールトップを展開しておりラインナップを多いのは確実にクロームです。
 
ロールトップのリュックに関しては「アウトドア店員がオススメするロールトップリュック8選の評価!」をご覧ください!
 
他のブランドにはない奇抜で特徴的なデザインが多いので、特に若者の中で人気が出てきています。
 
 

クロームのすごいところ其の二:防水性

クロームのバッグ・リュックは本当に防水性が高い!
 
あのミステリーランチとさえ比べ物にならないほど防水性がたかいです。
 
また、生地の耐久性もあのミステリーランチを超えるレベルなんです!
 
なぜ、ここまで防水性を追求するかといえば、それは自転車やバイクでの利用を想定しているから
 
自転車で背負いながらそのまま走っても中身の荷物は全く濡れない、そんなバッグを作っているんです!
 
実は、クロームの中でも防水性のレベルで3段階に分かれています。
 
レベル1: Water Resistant
都市部での通常使用時に考えられる突然の雨や風から荷物を守る耐水性能を誇るレベル
 
レベル2: Water Proof (Moderate)
いかなる天候においても、大切な荷物を守る防水性能を誇るレベル
 
レベル3: Water Proof (Heavy)
メインのバッグ部分や仕切りが溶着加工し、水の侵入を遮断した完全防水仕様レベル
 
こんな感じ。正直、レベル2くらいの防水性があれば問題なく、普段使いにはレベル3はオーバースペックであると思います。
 
むしろ、レベル3のバッグはロールトップになっていることがほとんどで、モノによっては使いにくくなってしまっているかもしれません!
 
 

クロームのすごいところ其の三:1000〜1680デニールのナイロンを用いた耐久性

ミステリーランチに関しても耐久性をすごいところとして挙げましたが、実は使っている生地自体の耐久性は圧倒的にクロームの方が強いんです!
 
ミステリーランチは500〜1000デニールのナイロンを用いていてそれでも十分なスペックなのですが、クロームはそれ以上に強い1000〜1680デニールのナイロンを使っています。
 
また、さらにさらに強い生地である、バリスティックナイロンを使用しているバッグもあり、耐久性は申し分ありません。
 
 

クロームの特徴的なリュック・バッグ

 
ここからはそんなクロームの特徴的なバッグをご紹介していきたいと思います!
 
ちなみにクロームはバッグ以外にもシューズやアパレルなど多くの商品を展開しているんです!
 
バッグ以外のアイテムはこちらをご覧ください!
 

■YALTA(ヤルタ)2.0

【価格】14000+税
【容量】30L
【防水】レベル2
 
これは先ほどもご紹介した特徴的なリュックです。
 
非常に昔から人気のあるシリーズで、クロームの代名詞と言ってもいいほど!
 
防水レベルは2で、ロールトップになっています。
 
ただ、容量は大きいのですが、開け口が狭く大きな荷物を入れることはできないです。
 
さらに中身を取り出すのが億劫であまり使いやすいリュックだとは言えません。
 

■THE ORP(オープ)

【価格】9000+税
【容量】24L
【防水】レベル1
 
こちらは非常に軽量で荷物の大きさによって自在に本体の大きさを変えれる特徴的なリュック。
 
使わない時はコンパクトに収納もできるので、大きなバックパックの中に入れて持ち運ぶというような使い方もできます。
 
耐水性はレベル1ですが、雨をはじく素材を使っているので、ある程度の雨でも問題ないでしょう!
 

■HONDO(ホンドー)

【価格】13000+税
【容量】21L
【防水】レベル2
 
こちらは非常に安定したスペックを持っているバッグで見た目も一般的なアーバンスタイルで合わせやすいです。
 
荷物の取り出し口が広く、物の出し入れが容易です。
 
また、ウォータボトルや財布へのアクセスが容易にできるコンパートメントが用意されているので非常に使い勝手の良いバッグに仕上がっています!
 
自立させて地面におくことができるのも良いですね!
 

■KADET(カデット)

【価格】9000+税
【容量】9L
【防水】レベル1
 
ミニマルな荷物の持ち運びに最適なボディバッグスタイルです!
 
ボディバッグですが、容量は9Lと意外と多くの荷物が入ります。
 
財布や鍵はもちろん折り畳み傘や本なども十分に入るでしょう!
バックルの安定感が抜群です!
 
少しバックルが重いので、気になる方は後で紹介するウェルターウェイトシリーズをおすすめします。
 

■ROSTOV(ロストブ)

【価格】13000+税
【容量】23L
【防水】レベル1
 
こちらもHONDOと似たタイプで非常にシンプルなデザインで使いやすく合わせやすいバッグになっています!
 
HONDOにはドリンクホルダーが2つありますが、こちらは1つです。
 

■FORTNIGHT(フォートナイト)

【価格】26000+税
【容量】40L
【防水】レベル2
 
収納性、耐久性、防水性共に優秀なリュックです!
 
メインコンパートメントはジップが両サイドに大きく開くので荷物の出し入れが簡単!
 
フロントコンパートメントは小物が細かく収納できるようになっています。
 
また、前方にあるフロントフラップと呼ばれる部分に寝袋やORPなどを挟み込んで持ち運ぶ事も可能です!
 
しかし価格は26000円!!高い!
 

■CITIZEN(シティズン)

【価格】19000+税
【容量】26L
【防水】レベル2
 
 CHROMEのフラッグシップモデルであり、サイズ・スペック共に世界的に最も支持を受けているバランスの取れたモデル!
 
メッセンジャーバッグとは思えない安定感とスペックで多くの人から根強い人気を集めています。
 

■MINI METRO(ミニメトロ)

【価格】17000+税
【容量】20.5L
【防水】レベル2
 
CITIZEN(シティズン)よりも一回り小さくコンパクトなタイプ。
 
シティズンが大きすぎると感じる人はこちらを購入してみると良いかもしれません。
 

■METROPOLIS(メトロポリス)

【価格】22000+税
【容量】40L
【防水】レベル2
 
逆にシティズンよりも一回り大きいタイプ。
 
なんと容量は40Lでメッセンジャーバッグとして最高レベルの収納容量です。 
 
アメリカでは、配送に使われる事が多いそう。
 

■KLIMENT(クリメント)

【価格】18000+税
【容量】25L
【防水】レベル1
 
独創的なデザインの2層の大型コンパートメントを搭載したトラベルディパック。
 
自立して立たせる事ができ、2層のコンパートメントには合計で25Lの荷物が入る使いやすいバッグです。
 
ビジネスシーンでも使えるデザインになっており、ビジネス・プライベート問わず様々なシーンで使える高機能アーバンバックパックです!
 

■BRAVO(ブラーボ) 2.0

【価格】17000+税
【容量】25L
【防水】レベル2
 
ロールトップのメインコンパートメントは完全防水仕様になっており、どんな雨風にも耐えます。
 
また、リュック前面にはアクセスが容易なパッド入りラップトップスリープがあり、細かい荷物などを収納する事が可能!
 
また、伸縮性のあるゴムでできたクロスコンプレッションストラップを搭載しているのでヘルメットやウェアなどを挟んで収納する事ができます。
スケボーなんかを挟むのにも使えそうですねー!
 
同じくロールトップの代表バッグであるヤルタよりも圧倒的に使いやすくデザインもかっこいいバッグに仕上がっています!
 
【価格】14000+税
【容量】18L
【防水】レベル3
 
ロールトップのモデルで完全防水を実現。
 
非常に人気のあるモデルで、完全防水かつ耐久性が高いにもかかわらずユーティリティの高い設計になっています。
 
ロールトップのモデルはメインコンパートメントまで到達するのが時間がかかり面倒なものが多いのですが、このモデルはそんなことありません!
 
ただ、細かいコンパートメントがあまりないのでそこだけが不便です。
 
【価格】16000+税
【容量】28L
【防水】レベル3
 
URBAN EXの容量が28Lになったモデルです。
 
これだけ容量があれば小旅行などにも使えそうですね!
 

■NIKO PACK(ニコパック)

【価格】21000+税
【容量】23L
【防水】レベル1
 
一眼レフカメラを使う人に合わせ設計されたバッグ!
 
なんとメインコンパートメントはマジックテープの仕切りに区切られていて、自分の好きな収納スペースにカスタマイズできます。
 
こんなバッグ他で見たことがありません!自分だけのバッグが出来上がるんです!
 
また、全てのコンパートメントを外せば一つの大きなコンパートメントになります!
 
上部ポケットには15インチのラップトップスリーブが存在します。
 
カメラを使う人はもちろん、使わない人にも非常に有用なバッグに仕上がっています!
 

■MACHETO(マチェット) travel pack

【価格】23000+税
【容量】42L-48L
【防水】レベル1
 
こちらはトラベル用の大型バッグ!
 
キャリーケースのように大きく開くので荷物の収納は楽です。
 
また、リュックのショルダーパッドは収納可能なので必要ないときはしまうことが可能。
 
また、マチを広げることで容量を42Lから48Lまで増やすことができます!
 

■BRIGADE(ブリゲイド)

【価格】17000+税
【容量】28L
【防水】レベル2
 
2017年から登場した非常に優秀なコミュータバッグ!
 
容量は28Lで大きなメインコンパートメントと上部側部に3つの小さいコンパートメントがあります。
 
ドリンクホルダーも2つ付いていて個人的には非常に嬉しい仕様。
 
前方のフラップにはスケートボードや大きな荷物を収納する事ができます!
 

■VEGA(ベガ)

【価格】19000+税
【容量】15L
【防水】レベル1
 
これも2017年秋冬からの新しいモデル!
 
こちらはビジネスシーンで大活躍するモデルです。
 
3wayの使い方が可能で、ブリーフバッグとして使ってもよし、リュックとして使ってもよし、シュルダーバッグとして使ってもよしなモデル!
 
厚めのパッドの入ったスリープでラップトップPCを完璧に保護します!
 

■HIGHTOWER(ハイタワー)

【価格】21000+税
【容量】23L
【防水】レベル1
 
2017年秋冬の新作モデル! 
 
こちらはベガより多くの荷物の収納が可能になったモデル。
 
ビジネスシーンで活躍する事間違いなし!
 

■JUNO(ジュノ)

【価格】17000+税
【容量】14L
【防水】レベル1
 
こちらも2017年秋冬新作モデル!
 
1680デニールのバリスティックナイロンを用いているので非常に丈夫です!
 
トートバッグにもショルダーバッグにもなる非常に使いやすいリュックです!
 
ただ個人的にはVEGA・HIGHTOWERの方が使いやすいかなと思います。
 
JUNO・VEGA・HIGHTOWERについての記事は「クロームが新しく展開するバッグVEGA・JUNO・HIGHTOWERがすごい!!」にも載せています!
 

■WELTERWEIGHT(ウェルターウェイト)シリーズ

こちらは様々な既存のクローム商品を軽量化したシリーズ!
 
従来のクロームのバッグはバックルなどの金具部分が重く、肩にかかる負担が大きくなっていました。
 
その問題点を改善し、耐久性は変わらず軽量にしたモデルがこのウェルターウェイトシリーズ!
 
驚くべき軽さで、持った瞬間に違いがわかります。
 
また、カラーレイアウトはブラックグレーで非常に合わせやすい仕様になっています。
 
 

クロームのおすすめバッグランキング!!

 
 
ここからは、おすすめのバッグをランキング形式でご紹介していきたいと思います!
 
用途やシーンに応じておすすめ度は変わりますが、総合的にみて、おすすめできるバッグをランキング形式で紹介します!
 
 

■第5位 BRIGADE(ブリゲイト)

【価格】17000+税
【容量】28L
【防水】レベル2
 
2017年から登場した非常に優秀なコミューターバッグです!
 
こいつの良さは、その収納スペースの多さと容量の大きさ!
 
どんなシーンでも使いやすく、万能でかつそれほど値段が高くないのがコスパ良し!
 
迷ったらこれを買えば問題なさそうな気がします!
 
 

■第4位 CITIZEN(シティズン)

【価格】19000+税
【容量】26L
【防水】レベル2
 
クロームの代名詞と言っても過言ではないモデル!
 
CHROMEのフラッグシップモデルであり、サイズ・スペック共に世界的に最も支持を受けているバランスの取れたモデル!
 
メッセンジャーバッグとしては少し大きすぎるかなと思うかもしれないけど意外と使いやすく、肩への負担も少ない優れもの!
 
そしてそして、やっぱり自転車での移動はこちらのシティズンが一番おすすめ!なんてったってかっこいい!
 
 

■第3位 KADET(カデット)

【価格】9000+税
【容量】9L
【防水】レベル1
 
非常に万能で使いやすいクロームのボディバッグ!
 
9Lの容量があるので、ボディバッグだがいろんな荷物が入ります。
 
僕自身、外に出るときに折り畳み傘、財布、ポータブル充電器、ティッシュなど意外と荷物が多くなってしまうので、一般的なボディバッグだとちょっと容量が足りない!
 
そんな時こちらのカデットなら問題なく入るんです!
 

バックルが少し重いと感じる人は、WELTERWEIGHT(ウェルターウェイト)シリーズを選ぶと良いかも!

 

■第2位 NIKO PACK(ニコパック)

【価格】21000+税
【容量】23L
【防水】レベル1
 
第2位はこちら!
 
まさかのカメラ収納バッグ NIKO PACK(ニコパック)!!
もちろんカメラを使う人にはおすすめのバッグなんですが、カメラを使わない人にも圧倒的におすすめできる面白い高機能バッグなんです!
 
まずは、上部を開くとコンパートメントが一つ存在します。
 
 
そして側部を開くとメインコンパートメントが現れます!
 
 
メインコンパートメントはマジックテープの仕切りに区切られていて、自分の好きな収納スペースにカスタマイズできます。
 
これが本当に優秀!
 
そしてメインコンパートメントは様々な角度からアプローチできて、片方の肩にショルダーをかけたまま荷物を出し入れする事が可能です!
 
上部のコンパートメントとメインコンパートメントの間の仕切りは取り外すことができます
 
 
そしてサイズ感もちょうど良く形もシンプルで合わせやすいと思います!カモ柄も出ているので好みに合わせて選ぶと良いかも!
 
こちらの記事でより詳しく説明してます!
 

■第1位 HIGHTOWER(ハイタワー)

【価格】21000+税
【容量】23L
【防水】レベル1
 
そして堂々の第1位は・・・こちら!
 
2017年秋冬新作モデルのハイタワー!!
 
今気づいたんですけど、第2位のニコパックと価格・容量・防水性が全く一緒なんですね!
 
1680デニールのバリスティックナイロンを用いた強靭な耐久性とシンプルなブラックのカラーレイアウト。
 
実はバリスティックナイロンって第二次世界大戦中に防弾チョッキのために開発されたくらい丈夫な生地なんです!オーバースペックな気もしますが!笑
 
メインコンパートメントは大きく左右に開きます。
 
 
そして、厚いパッド入りコンパートメントでラップトップPCを完璧に保護します。
 
 
また、サイズ感も23Lとちょうど良く、プライベートでもビジネスでも間違いなく使えるバッグに仕上がっています!
 
様々なシーンでヘビロテ間違いないバッグですね!
 

まとめ

 
いかがだったでしょうか!
 
正直個人的な偏見ががっつり入っているので正当なランキングではないかもしれません!クロームのバッグを選ぶ上での一つの参考にしていただければ幸いです!
 
日本では最近人気が出始めたクロームのバッグ!これからさらに人気が出ること間違い無しなので今のうちにチェックしておきましょう!
 
クロームのバッグが新しくなり次第更新していくつもりです!