経済

仮想通貨で莫大に資金力がある人が勝てる理由

 
こんにちは!
 
本日は,仮想通貨に関する記事を書きたいと思います.
仮想通貨に関しては,正直言って初心者中の初心者
今年のGW明けくらいから始めて,長期保有のスタンスで価格の上下を眺めてます.
ただ,なんとなく仮想通貨って影響力持っている人の勝ちゲーってか市場操作がしやすい状況なのかなって気がするので私的意見ですがこの記事を書いてみました.
題して,仮想通貨で莫大に資金力がある人が勝てる説!!
これって株とかFXにも言えることかもしれませんが,仮想通貨には不確定要素が多過ぎるので不安を煽りやすいのと短期的な利益を目的とした個人トレーダーが多いことが,より資金力があればあるほど勝てるという仮説を強めている気がします.
 
まず,最近のビットコインを見ると8月1日のハードフォークを期に2倍近く価値が上昇していますね.
これは,ハードフォークを前にして買いよりも売りが先行したため大きく価格を下げ,分裂後に思ったよりも影響が少なかったため買い渋りしていた人達が買いのスタンスに出始めたと捉えることができるでしょう.
もちろんその影響は間違いなくあります.ただ,その不安を操作できるくらい大きな資金を持っている人がいたらどうでしょうか.
 
ビットコインは30万台前半だったのがハードフォーク前に大きく下落し25万くらいになりました(詳しい数字は調べてません).仮に1ビットコイン32万円だとして流通枚数1600万枚をかけると,約5兆円になります.そのうち10%の5000億円分のビットコインを保有していたらどうでしょう.おそらく莫大な資産を保有する投資機関は5000億円を動かすのは無理な話ではないと思います.
 
この5000億円を不安情報と同時に売却したら市場は不安を煽られ多くの人が売りのスタンスに出ることが考えられます.
つまり,不安な情報と同時に大きく売りに出ることで10%の価格下落を誘い市場の不安を過剰にかきたてることができるのです.
その結果多くの人が売りに出始め全体として価格の大幅下落につながる.
そして一通り大きく下がったところで,一気に買いにでれば価格が大きく上昇するのでまた市場の価格は上向く.
簡単に言うとこんな市場の流れを作ることができるのです.
天井で売って底値で買うことができるので必ず儲かる仕組みです.
 
今回のハードフォークにも少なからずこの影響があるのではないかと見ています.
 
よって資産の少ない個人投資家のスタンスとしては2つあります.
 
・価格が大きく上昇したら売り,大きく下落したら買う
⇒簡単には言いますが,見極めが難しい.売りのタイミングを計るのは難しい
 
・大きく下落したら購入し,売却はしない長期投資
⇒これが一番簡単でなおかつ儲けられる戦略かなと思ってます.長期的に見れば仮想通貨の市場は大きくなっていくと予想されます.
 
だから,大きな投資機関が発表する情報には左右されないようにしましょう.
また,大幅に下がっているから下がりきる前に損切りするのはあまり得策ではない気がしています.
 
まあこれも完全に私的意見で僕自身初心者なのでこれから勉強していこうと思ってます.
必ずしも儲かるという話はないので仮想通貨はなんとなく余裕のある分で買っといて長期的に保有しておくべきだと思います.
 
仮想通貨すごい面白いので今後も何か気になることがあれば記事更新していきたいと思います!
ABOUT ME
ウマ
大学院生.統計学専攻. 映画鑑賞と海外旅行が大好き 最近スマブラ64に激はまり中. 使うキャラはサムス・ドンキー・マリオ・リンク・ネス