運営者プロフィールはこちら
デイリー

3日坊主を絶対なくす!習慣付けの極意

 
なにかやろう!明日からこれをしよう!と言って取り組んでみるものの3日でやめてしまう.そんなことってありますよね!
典型的な3日坊主ですね!
 
さてさて,僕自身も非常に飽きやすい性格でして,毎回やる気だけは人一倍あるつもりなのですが,すぐ飽きてしまっていました.
 
しかし,今では本を読むことが習慣付いていますし,ブログも更新し続けています.
なぜ習慣付けることに成功したのでしょうか?
 
今回はそんな習慣付けの方法についてお話したいと思います
 
習慣付かない理由というのは簡単.
 
コスト>ベネフィット
 
このコストがベネフィットを上回っているとき,習慣付けることは困難です.
習慣を行うことに対する負荷や時間はコストになります.
習慣を行うことで享受できるものはベネフィットになります.
 
つまりこの不等式を逆にしてしまえばいいだけ!
 
この観点から習慣付けに成功するためのポイントは2つだけです!!
 
 

①習慣付けによって得られるベネフィットを具体化する

 
 
習慣付けたいと思っているけどできないというのは,先ほど申し上げたようにコストがベネフィットを上回ってしまっている状況.
これを逆にするためには,コストを小さく抑えるか,ベネフィットを大きくするかの2択ですね.
 
習慣付けによって得られるベネフィットを具体化する
これは,ベネフィットを大きくする方法ですね.
毎日やろう!と決意してもそれを繰り返した時に享受できるベネフィットを具体的に描けている人は少ない気がします.
 
そこで,まずそれを繰り返したら自分はどう変わるのか.
将来の自分を想像することです.
 
痩せるためのランニングなら,体が引き締まってモテている自分をイメージする
英語の勉強なら,英語がぺらぺらに喋れる自分をイメージする
 
これによって,もしかしたらその習慣は意味のないことだと分かるかもしれないし,違う習慣を行うべきだと気づくかもしれない.
頑張るベクトルが違うと早めに気付くのは良い事です
 
客観的に同じベネフィットでも捉え方によっては効用が大きく変わります
習慣を行うことに対するベネフィットを最大限まで引き出しましょう.
 
 

②ルーティン管理は週ごとに

 
タスクやルーティンは週ごとにto doリストを作って管理することが良いと考えています.
 
日ごとに管理すると,幅が利かないし,管理する行為自体がルーティンとして面倒になってしまって本末転倒です.
 
逆に月ごとに管理すると今度は期間が長過ぎてto do遂行度が下がります.
1ヶ月の夏休みの宿題を最後の数日にやるのと一緒ですね.
 
そこでちょうど良いのが週ごとの管理なのです.ちょうど良くモチベーションも保てつつ,管理が面倒でもない.
 
また,毎日やるものでないなら,一週間の前半にやっておけば後半はゆるーくできるというモチベーションも発生します.
個人的にはこれが結構好きで,週初めに決めたto doリストを前半までに終わらせてやるぞというモチベで行うと効率が上がります
 
これらは結局習慣を行うことに対する敷居を下げてくれてコストを小さくすることに成功します.
 
 
僕の場合,年200冊本を読む, 100本映画を観るという目標を掲げているのですが,
それを週単位に分けて,週に本4冊,映画2本をルーティンとしています.
 
週のタスク管理のおかげで今のところこれらの習慣は付いてきています.
 
 

まとめ

 
 
結局大事なのは
 
コスト>ベネフィット
コスト<ベネフィットにする
 
こと
 
ここでは僕が実践してみて上手くいっている2つを挙げましたが,他にも方法はあるかもしれません.
しかし,大事なのは根本にあるコストベネフィットの考え方.
これは,マーケティングにおいて顧客の購買心理を説明する時に用いられますが,自分の習慣にも用いることができるんですね!
 
 
ブログも今のところ週4記事ペースで更新できているので習慣付いてます!笑
それではまた今度!
 
 
 
ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい