こんにちは!ウマです!
 
Xchainというスタートアップサービスのマーケティングに携わっているんですが
結構集客が難しい...
 
そんな中,先日早稲田キャンパス内にXchainのビラを貼ってきました!!
 
校内の掲示板に貼ってあるビラなんて普通みないですよね.
どんなに魅力的サービス・プロダクトでもまず認知してもらわなくては意味がない.
 
そんな時,重要になってくるのが認知的不協和という考え方です.
 
 
認知的不協和とは,
 
人が矛盾を抱えた時に感じる不快感のこと
 
みたいです.
 
心理学の世界で良く使われるみたいですが,これをマーケティングに取り入れると,あえて不自然な見せ方をすることで注意を惹くことができるのです!
 
そこで我々は,ビラによる集客に認知的不協和を使いました!
 
貼ったビラはこんな感じ!
 
 
 
まず,同じ箇所に集中的にビラを貼ることによって,異質感をだす
 
ビラを同じところに貼るのは一見ムダな気がしますが,
 
認知的不協和の観点から考えるとそのムダなことをあえてやることで人の目を惹くことができるのです.
 
 
また,こんな貼り方もしてきました!
 
 
サービスがXchainなので,それにちなんでビラでXを作りました!
 
ただ単に貼ってあるビラよりもこちらの方が圧倒的に目を惹きますよね!
 
 
遠くから見るとこんな感じ.
 
 
遠くから見てもなんだこれ!?ってなりそう..
 
 
サービスやプロダクトがよければ,顧客数は増えるという幻想を抱きがちですが,現実はそんな上手く行かない.
集客のところでつまづいてしまうことが多い.
そんな時,認知的不協和を使えば,圧倒的に注意を惹くことができるよというお話でした.
 
これは,ビラだけでなくCMや雑誌,バナー広告など,全ての広告媒体に使える話ですので,良かったら試してみてください!
 
ここらへんの集客マーケティングに関しては,神田さんの本がオススメなので是非一読してみてください!