成功のダークサイドを知る 【人生に成功するためには】

 
 
”成功のダークサイド”
 
こんな言葉を聞いたことはあるでしょうか.
聞き馴染みのない方も多いかもしれません.
 
僕もついこの前までは知りませんでした.
 
人生に成功するためには莫大な財産を築くこと.
そのためには,自分が働かなくても自動的にお金が入ってくるシステムを作り上げること.
 
ビジネスを創出する
投資をする
 
もちろんビジネスにおける壁などは幾度となく訪れるでしょう.
しかし,それを乗り越えれば
 
必ず道は開ける
 
そう信じていました.
 
 
しかし,必ずしも莫大な財産を得ることが人生の成功に繋がらないこと
そして,表面的な成功においては必ずダークサイドが存在すること
 
をこの本を読んで知りました.
 
・成功者の告白
この本はストーリー仕立てで,実際に独立起業した主人公が成功を掴むも成功のダークサイドに陥ってしまう物語.
 
人生についての成功とは何かということを深く考えさせられる内容になっています.
読み終わった時,まぶたの奥がジーンとしました.
 
 
昔書いた記事で,
 
 
という記事があります
 
 
この記事で僕は人生について考えさせられる映画を2つ取りあげていますが,どちらもこの成功者のダークサイドを描写していることが分かります.
 
成功者の告白と合わせてこちらの映画も是非観て欲しいです.
 
 
 
それでは,具体的に成功者のダークサイドとはどのようなものなのでしょうか?
 
 
 

ビジネスの成功と家庭の成功は反比例

 
ビジネスを成功すれば,お金がたんまり手に入り,裕福な生活ができるようになり幸せな家庭が築けると思うでしょう.
 
しかし,それは圧倒的に間違いなのです!!
 
ビジネスで成功すればするほど妻は不安になります.
 
私は,裏で家庭を支えているのに夫は表舞台で活躍してもてはやされている.
 
帰りも遅く直接的なコミュニケーションは取れない.
 
 
一方,夫としては家族のために稼いでいるという気持ちが強いので妻の不安に気付いてあげれない.
 
こういった歪みがだんだんと大きくなり,取り返しのつかないことになるのです.
 
結婚していなければ良いという話ではありません.
 
ビジネスにおけるプラスのオーラは,必ずプライベートにおけるどこかで負のオーラを創出するのです.
 
 

歪みを埋めようとしてヒーローや悪者が現れる

 
家庭において妻と夫の間に歪みが生まれると誰がその関係を修復しようとするか.
 
子供なのです.
 
子供が親の関係を修復しようとする方向は2つあります.
ヒーローになるか悪者になるか.
 
ヒーローであれば,一生懸命勉強や運動をして輝かしい成績を残し親を喜ばせます.
 
しかし,悪者であれば悪事に手を出し,親を一致団結させます
 
また,病気になることで,親を強制的に協力させます.
 
もちろん子供が意識的にやっていることではありませんが,潜在的にこのような現象が起きているのは紛れもない事実だそうです.
 
実際,有名人やお金持ちの家庭は崩壊していたり,思わぬ事故や病気にさいなまされることが多いようです.
 
これは,家庭だけではありません.会社にも言えることです.会社の人間が次々に病気になってしまうのは何かの合図かもしれません.
 
 
 

まとめ

 
ここでの教訓は
 
成功してもその成功に囚われ過ぎてはいけない
 
ということ
 
例えばビジネスが軌道に乗り始めた時は誰しも寝る間も惜しんで仕事に没頭したいはず.
しかし,プライベートをないがしろにすることは,後々歪みを残してしまうことになりかねません.
 
ビジネスが加速している時こそ,一歩立ち止まってプライベートとビジネスのバランスを保つことが重要なのかもしれません.
 
ここで説明しただけでは,半信半疑の方が多いと思います.
 
是非,本書を読んでみて下さい!
 
 
 
 
ちなみに他にもオススメのビジネス書・自己啓発書を「厳選21冊!年間200冊読んだ中で本当におすすめできるビジネス書!」にまとめているので良かったらご覧ください! 
 
ABOUT ME
ウマ
大学院生.統計学専攻. 映画鑑賞と海外旅行が大好き 最近スマブラ64に激はまり中. 使うキャラはサムス・ドンキー・マリオ・リンク・ネス