こんにちは!ウマです!
 
2年前になりますが学部4年生の夏に、ふとインドに1ヶ月行きました!
 
インドっていけてんじゃん!インド行ったら何か人生観とか変わりそう!!って思ってた自分がいました笑
 
そんなインドに行ってみて注意すべき・知っておいた方が良いなと思った事を9つ書いていきます。
 
※みんなが書いてあること発信してもつまらないと思うので、色々下調べしてインド行ったのに、なにこれ!?
まじ!?知らんかったわ!!って個人的に思ったことを中心にまとめてます。
 
 

人生は変わらない

 
これ結構大事!笑
 
インドって行ったらなんか変わりそうっていうイメージがあると思います!
 
僕も、なんかインド楽しそう!行ってみたら人生の価値観変わるかな!って思って行きましたが・・・
 
特に変わりませんでした!笑
 
実際そんな劇的に変わることはありません!
もちろん変わる人もいると思いますが、圧倒的に少数ですね。
 
人生を変えるために行く!!っていうモチベーションでインドに行くのはやめといた方が良いでしょう!あ、でもこのブログを運営する上で使っているWordpressの知識はインドで教わったので意味がなかったと言えば嘘になりますね!行っても意味ないわけではありません!人間としての価値観はかわらないよ!ということです!
 
 

VISA申請がくそ面倒

 
VISA申請がくそくそ面倒くさいいいいいいです!!
 
間違いなく僕が行ったことのある国の中で一番面倒です。
 
非常に注意して申請書類作んなくてはいけませんでした。
 
まあ,VISA申請の手順を教えてくれるサイトを参考にすれば大丈夫かな??
 
僕の場合、全部上手く記入して、次へを押したら全部記入したデータ消えました。
なんだったんだあれ!
⇒僕がインドに行ったのは2015年なのですが、最近はVISA申請の面倒くささが払拭されたみたい??
 
1ヶ月以内なら割と簡単に取得できるみたいですね。
 
 

腹痛に襲われる(らしい)

 
これはみんな言ってますねー。
 
インド来て、1週間もしたら急に腹痛に襲われるよ!気をつけなよ!
 
と。
 
インド来て周りの日本人みんなに言われたので間違いないと思います。
ただ、僕は全く腹痛になりませんでした笑
 
なんでだろう笑
 
なので、腹痛にならないためのアドバイスができるかと思います。
 
腹痛の原因は何か。
 
そこらへんで売っている水を飲むともちろん危ないですがそれを避けるのは前提条件です。
絶対飲まないようにしましょう!
 
みんなそこは注意していたので原因はそこではないと思います。
 
腹痛の原因はおそらくインドの料理に入っている香辛料と大量の油です!
 
大量の油と刺激の強い香辛料に体が拒否反応を起こすのです。
 
日本でいつも辛い食べ物を食べている人でも腹痛になっていたので辛いの得意な人は大丈夫とかはないです。
 
むしろ辛いのが好きな人はインドに来て辛いカレーを食べまくってしまうので余計腹痛になりやすいような気が・・・
 
僕の場合、朝は日本から持ってきたインスタント味噌汁を飲み、昼はカレー、夜はカレーor自炊or中華だったので1日1回はインド料理を食べていましたが、毎食インド料理というわけではありませんでした!
 
周りの人よりもインド料理を食べる頻度は少なかった気がします。
 
ということで,腹痛を避けるためには
 
インド料理はできるだけ1日1回に抑える笑
 
え,そんなこと!?
ごめんなさい。
まあ、インド行ってインド料理食べないのは無理ですが、あまり初日から食べまくんない方がいいでしょう。
あとは、香辛料ガンガン使ってる料理には気をつけましょう。
  
 

物価は思ったほど安くない

 
んーー、物価は思ったほど安くないですねー笑
 
一昔前ならめちゃくちゃ安かったみたいですが、ここ最近は物価は上がってしまっています。
 
まあもちろん日本よりは安いですけど!
 
僕が行った2015年で、露店のカレーで持ち帰り120円くらい!これは安いので重宝していました。
 
でもそこそこのお店に入って食べるとなると、普通に800円くらいします。
 
あと、長期でインド滞在を考えている人は、日本の調味料を持っていくことをオススメします。
しょうゆとか味噌は現地調達しようとするとめっちゃ高いです!
 
 

インド人は時間にルーズすぎ

 
これこれこれ!!
 
インド人は本当に時間にルーズです笑
 
スケジューリングの際は気をつけましょう
 
交通機関が遅れるのはもちろんのこと、お店の料理提供もめちゃくちゃ遅くてイライラしてしまいます笑
 
注文しているのにだらだらしゃべりながら料理準備しているので、注意したこともありました。
 
日本の接客や料理提供スピードに改めて感心します。
日本ってすごい!!
 
 

ぼったくりに注意

 
インド人は思ったより温かい人が多いです。
せっかちで自己中な人が多いイメージでした・・・
 
とはいえ観光客をねらった詐欺ぼったくりには気をつけてください。
 
インドのタクシーであるリキシャは、基本メーターがついていないので運転手のさじ加減で値段が決まります。
なので必ず乗る前に運転手と値段交渉しましょう。
 
観光客だと思って高い値段をふっかけてくることがおおいです。
 
ちなみに僕がインドに行った時ぼったくられた話は長くなるので別の記事で書こうと思います!
デリーからタージマハルのあるアグラまで行こうとしたときにぼったくり(?)にあったお話です
 

全部カレー味

 
インドってカレーが有名じゃないですか?
 
だから、まあメニューにカレーが多いのは分かるんです。
でもカレー以外のメニューを頼んでも,カレー味のことが多いんです。
 
まあ厳密にはカレーに使っている香辛料を他の料理にもふんだんに使っているので,カレー味に感じているってだけですが。
 
例えば,タンドリーチキンなどは単品で頼んでもカレーテイストの味付けになっていることが多いです.
 
美味しいので短期だったら大丈夫ですが,長期で毎日カレー味となると飽きちゃいますよね。
 
なので,インスタント系の日本食を持っていくことをオススメします!笑
 
僕は日本から持っていったインスタント味噌汁を毎日飲んでました!
 
 

お酒は25歳から

 
これ行ってみて初めて知ってびっくりしたのですが,お酒は法的に25歳かららしいんです。
 
気をつけましょう!
 
当時22歳で飲み盛りの僕としては厳しいいいいい
しかし,そんなに厳密に守っている人はいないような感じでした。
 
でもやっぱり,お酒に対するイメージは悪く,外のお店でもあまり提供しないし,スーパーにも基本的に売っていないです。
 
買うにはリキュールショップに行くしかないです!
 
 

カーストが根強く残っている

 
やはり,差別は前ほどなくなったとは言ってもいまだに根強く残っています。
カーストが上の人たちは肌が比較的白めで英語が喋れます。
 
逆に下のほうの人たちは色が黒く英語が喋れません。
全くと言っていいほど喋れない場合が多いです。
 
インドで滞在していた宿泊施設の周りはスラム街や市場が多くそこに住んでいる人たちはほとんど英語が伝わりませんでした。
 
しかし,中心地の大型スーパーなどに来ている富裕層は非常に英語が流暢です。
 
様々な企業でインド人が頭角を現す中,このようなカーストがいまだ残っているのは悲しいですね。
 
 
どうだったでしょうか??
インドは色々な意味で刺激的でいい経験になりました!
 
 
ちなみにインドに行く前にボリウッド映画を観ておこうと思って観た「きっと,うまくいく」という映画めっちゃ良かったので,是非観てみてください!!
 
なんか色々言いましたが,結局めっちゃ良い国なので一度行ってみることをオススメします!
人によっては1回行ってどはまりしちゃう人もいるみたいですね!!