運営者プロフィールはこちら
マーケティング

顧客志向のマーケティング 5Cとは? 【本気のマーケティングを学ぶ】

 
こんにちは!ウマです.
 
現在大学院生の僕は統計学の研究室に所属しており,データサイエンティストを目指していましたが,ひょっとしたことからデータにとらわれない広義のマーケターになることに決めます.
 
そんなきっかけを記事にしているので時間があるときに読んでみて下さい.
 
あわせて読みたい
大学院生が偉そうにデータサイエンティストについて語ってみる  こんにちは!ウマです! タイトル通り今回は僕なりにデータサイエンティストについて自分の考えを語ってみたいと思います。 ...
 
 
マーケターになることを決めた僕ですが,マーケティングに関してはド素人です.
 
学ばなくちゃという意気込みから,友達が立ち上げたサービスのマーケティングを担当しています.
 
めっちゃ楽しいです!
 
さらに,マーケティングに対する考え方をインプットするために,マーケティングに関する本を読み漁っています.
 
 
その中で,僕が感じた ”顧客志向のマーケティング” について今日はまとめたいと思います.
 
 
まず質問です.
売上が落ち込んでいる!なんとかしなくては!と思った時,どのようなことを考えますか?
 
・新たな先進的技術革新を生み出す!
・徹底的なコストカットだ!低価格戦略で顧客を増やす!
・SCM拡充で流通網を広げる!インターネットサービスで販路拡大!
・広告を打ってシェアを取る!
 
実はこれらは全てマーケティングのフレームワーク4Pに分類されます.
 
・新たな先進的技術革新を生み出す!⇒Product
・徹底的なコストカットだ!低価格戦略で顧客を増やす!⇒Price
・SCM拡充で流通網を広げる!インターネットサービスで販路拡大!⇒Place
・広告を打ってシェアを取る!⇒Promotion
 
有名なフレームワークなので知っている方が多いと思います.
 
確かにこれらは全て売上を上げるうえで非常に大事なファクターになるかもしれません.
 
しかし,ある視点が抜けているのです.
 
 
それは,”顧客志向”
 
 
多くの企業が顧客志向の考え方を忘れ,
 
・自社の利益を増やす
・自社のサービスをスケールさせる
 
ことだけに囚われがちです.
 
これでは,短期的な利益は得られるかもしれませんが顧客ロイヤリティが下がり結局のところ長期的には失敗してしまうのです.
 
僕自身もインターンシップやGDなどで,4Pのフレームワークを乱用していたので身にしみて分かります.
 
どうしても,事業計画書などを作るときに4Pを使ってしまうと企業サイドからの一方的な押し付けになってしまうことが少なくありません.
 
 
では,どうすれば良いでしょう?
 
まずは,4P発想から脱却して,5C発想で考えましょう!
 
Customer Solution
Customer Cost
Convenience
Communication
Collaboration
 
この5Cです!
 
別にこの5Cを丸々覚える必要はないので,どのような考えなのかということを覚えて下さい.
 
基本的には4Pを顧客起点に置き換えたものです.
 
 
・ Customer Solution
 
カスタマーソリューションとは,顧客の課題を最優先に考えること.
 
プロダクトありきではなく,顧客の課題がそこにあり,その課題を解決するためのプロダクト・サービスを開発する.
 
いくら技術が素晴らしい革新的なプロダクトが登場しても,それが顧客の課題を解決しないものならば意味がないのです.
 
これは,著書”リーン・スタートアップ”の考え方ともつながってきますね笑
 
完璧なプロダクトを作るのではなく,最小限のプロダクトを元に顧客とのインタラクティブな意見交換を経て,より顧客ニーズに合致したプロダクトを作り上げていく.
 
リーンスタートアップとは,徹底的な顧客志向の結晶なんですね.
 
 
・Customer Cost
 
企業側がそれを作るのに要した価値から価格を決定するのではなく,顧客がその商品にいくらなら払っても良いかという観点から価格を設定するという考え方です.
 
マルクスの資本論 に出てくる,価値・使用価値の概念を逸脱したものです.マルクスはモノの価格は,作るのに要した費用すなわちここでいう価値に対して決定するべきだと言っています.
 
でもそれって顧客志向じゃないですよねー...
 
マルクスの考え方も勉強になるので気になる人は読んでみてください.
 
 
・Convenience
 
流通網を広げよう!
EC始めよう!
 
では,本当の意味での顧客志向ではありません.
 
実際に自分たちがターゲットとしている顧客層にどのようなタッチポイントで接すれば一番良いか.
 
顧客の視点に立って考えることが必要になってきます.
 
 
・Communication
 
もはや,一方的に広告などを押し付ける時代は終わりました.
 
顧客と一緒にインタラクティブにコミュニケーションをとることで,より顧客志向のマーケティングが生まれます.
 
 
・Collaboration
 
上記の4つのCは独立していません.
 
全てのCを包括的に関連させながら考えることで本当の意味での顧客志向が生まれます.
 
 
この5C!
是非4Pの代わりに使いたいフレームワークです.
 
 
ちなみに,マーケティングの界のトップに君臨する魚谷さんの以下の書籍を参考にさせていただきました.
 
本当に読み応えがあり,現場感の伝わるリアルなマーケティングの場を体験できます.
 
是非読んでみて下さい!
 
 
 
本記事で紹介した書籍たち
 
 
 
ちなみに
オススメのビジネス書・自己啓発書を「厳選21冊!年間200冊読んだ中で本当におすすめできるビジネス書!」に
オススメのマーケティング本を「厳選14冊!マーケティングを学ぶ上でおすすめな本」に
まとめているので良かったらご覧ください!
 
 
ABOUT ME
ウマ
デジタルマーケター 大学院で統計学専攻 読書・映画鑑賞・アウトドア・海外旅行が大好き とにかく趣味を発信して生きていきたい