こんにちは!ウマです!

莫大な財産を築くぞ!なんて大きな野望はありませんが,やっぱりないと困ってしまうのがお金.

来年から社会人になるにあたって,非常に参考になる書籍と出会いましたのでご紹介致します.

 

私の財産告白 (本多静六)

 

 

いやぁ,なるほどなと思いました.

当たり前で分かりきっていることをこうも確かに堅実に実行すれば上手く行くのだな,と.

本多静六は,1866年生まれの方でこの本の原著となったモノも1950年に執筆されたものです.なので書体も現代的ではなく古風な言い回しが使われております.

ただ,儲けるための姿勢だったり教訓というのは今もなお学ぶべきところが多く大いに参考になる書籍でした.

 

最初からいきなり儲かる上手い方法はなくて,堅実に貯蓄することからお金持ちへの道は始まるのです.

本多静六は,25歳で助教授になりますが(給料は一般人からすると多くもらえる方),贅沢はなるべく避け,給料の4分の1は毎月必ず貯蓄するような生活を始めます.この貯蓄は利率の良い株にまわしておりました.

最初は食費などを切り詰めて厳しい生活を強いられますがそれも後々のため.数年もすれば株の配当金がたいそうなものになり,生活も楽になってきたのです.

生活に余裕ができると,思い切った投資ができるようになります.山林や鉄道などに投資し大金を稼いだそうです.

かなり内容をはしょってますが,簡単に言うと本多静六が行ったのはこれだけです.

単純明快.ただ,これは分かっていても,実践するのは難しいのではないでしょうか.

僕は今年で24歳大学院修士2年.

来年から社会人になります.

 

実際にシミュレーションしてみます.

新卒1年目の月々の手取りが20万だとして,4分の1の5万円を貯蓄します.ボーナスは3ヶ月×2回だとして全額貯蓄します(本多静六は全額貯蓄に回したそうです).

そうすると,1年目で180万貯まりますね.

めっちゃ貯まる笑.

贅沢しないとこんなに貯まるんですね.

ここから運用を始めます.

利回りが良い安定した株に分散投資してまあいいところで3%だと思うので3%設定で運用します.

2年目は,手取り24万.

4分の1は6万.

1年間で72万.

ボーナスは144万.

株の配当金で5万.

1年目の貯蓄と合計で約400万.

2年目でこれだけ貯まれば相当良いほうではないでしょうか?

 

3年目は,手取り28万.4分の1は7万.1年間で84万.ボーナスは168万.株の配当金で12万.合計で660万.

4年目は,手取り32万.4分の1は8万.1年間で96万.ボーナスは192万.株の配当金で20万.合計で970万.

5年目は,手取り36万.4分の1は9万.1年間で108万.ボーナスは216万.株の配当金で30万.合計で1330万.ここで1000万円超えました.

6年目は,手取り40万.4分の1は10万.1年間で120万.ボーナスは240万.株の配当金で40万.合計で1730万.

7年目は,手取り44万.4分の1は11万.1年間で132万.ボーナスは264万.株の配当金で52万.合計で2180万.

8年目は,手取り48万.4分の1は12万.1年間で144万.ボーナスは288万.株の配当金で65万.合計で2680万.

9年目は,手取り52万.4分の1は13万.1年間で156万.ボーナスは312万.株の配当金で80万.合計で3230万.

10年目に貯蓄3230万.配当金100万近くになりました.

 

 

  手取り 25% 年間 ボーナス 配当 貯蓄
1 20 5 60 120 0 180
2 24 6 72 144 5.4 401.4
3 28 7 84 168 12.042 665.442
4 32 8 96 192 19.96326 973.4053
5 36 9 108 216 29.20216 1326.607
6 40 10 120 240 39.79822 1726.406
7 44 11 132 264 51.79217 2174.198
8 48 12 144 288 65.22593 2671.424
9 52 13 156 312 80.14271 3219.566
10 56 14 168 336 96.58699 3820.153
11 60 15 180 360 114.6046 4474.758
12 64 16 192 384 134.2427 5185.001
13 68 17 204 408 155.55 5952.551
14 72 18 216 432 178.5765 6779.127
15 76 19 228 456 203.3738 7666.501
16 80 20 240 480 229.995 8616.496
17 84 21 252 504 258.4949 9630.991
18 88 22 264 528 288.9297 10711.92
19 92 23 276 552 321.3576 11861.28
20 96 24 288 576 355.8384 13081.12
21 100 25 300 600 392.4335 14373.55

 

厳密に計算すると,21年後すなわち45歳で貯蓄1億4千万で不労所得400万になるそうです.

ここらへんで脱サラしたいですね.夢が広がります.

ただ,こんな堅実にお金を貯め続けられるかというと誘惑に負けそう…

 

 

こんな着実に給料が上がっていって45歳で手取り月100万は非現実的過ぎるので修正しました.

  手取り 25% 年間 ボーナス 配当 貯蓄
1 20 5 60 120 0 180
2 22 5.5 66 132 5.4 383.4
3 24 6 72 144 11.502 610.902
4 26 6.5 78 156 18.32706 863.2291
5 28 7 84 168 25.89687 1141.126
6 30 7.5 90 180 34.23378 1445.36
7 32 8 96 192 43.36079 1776.721
8 34 8.5 102 204 53.30162 2136.022
9 36 9 108 216 64.08066 2524.103
10 38 9.5 114 228 75.72308 2941.826
11 40 10 120 240 88.25478 3390.081
12 42 10.5 126 252 101.7024 3869.783
13 44 11 132 264 116.0935 4381.877
14 46 11.5 138 276 131.4563 4927.333
15 48 12 144 288 147.82 5507.153
16 50 12.5 150 300 165.2146 6122.367
17 52 13 156 312 183.671 6774.038
18 54 13.5 162 324 203.2212 7463.26
19 56 14 168 336 223.8978 8191.157
20 58 14.5 174 348 245.7347 8958.892
21 60 15 180 360 268.7668 9767.659

 

ある程度お金が溜まったら短期的な株にも投資したいですね.

本多静六いわく,10割益半分手放しが大事だということです.

これは,ある株を買ってその株が一時期上昇トレンドにある場合元手の2倍になったら半分売り元手を回収する.

残りの半分はあってもなくても良いという状態で野放しにするというのです.

そうすればその株がその後大暴落しても損は切らないという戦法です.

つまり無用な欲はださないということになります.

これは,当たり前のようでなかなか誘惑に勝てないのではないでしょうか.

もっと上がるもっと上がると待っているうちに暴落してしまうということがあるのでは?

 

まとめ

 

貯蓄初期もしくは不況期投資はせず貯蓄する

貯蓄がある程度溜まった後の好況期は安定投資に回す

短期投資は10割益半分手放し

 

それだけです.

まあこれで誰でも上手くいけば苦労はしないような気もしますが…でもこれを愚直に実践している人は少ないような気がします.

 

詳しくは著書を見てみてください.